現実化した秘密道具 実現は本当なのか? :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2020年05月24日00時00分00秒]
現実化した秘密道具 実現は本当なのか?


現実化した秘密道具 実現は本当なのか?

(ライターFT)

文科省研究所が予測 

 2035年に実用的な性能を持った次世代計算機「量子コンピューター」が実現し、33年には「空飛ぶ車」が都市部で人を運ぶ――。

 こんな未来の科学技術の予測を文部科学省の科学技術・学術政策研究所がまとめた。専門家約5300人への調査などを基に2040年の未来像を描き、約700の科学技術が普及する時期などを分析した。政府は分析結果を科学政策の議論に役立てる。

🌟量子計算機・空飛ぶ車… 2040年に実現する未来技術は




 日本経済新聞ではあと20年でドラえもんが描いた未来に更に近づきます。

 すでに開発が進んでいる「農業を変える技術」は日曜劇場「下町ロケット」でも描かれた未来はすでに実現の域に達している。後はコスト的な問題が解決すればいいだけ。

 現在はスマート農業と呼ばれるIOTを駆使したAIを基本とした農業が実現されつつある。



 凄いです。ここまで来ているんです。

 これは農業の自動化、生産性の向上そのものです。

 詳しいことを言えば中身はまだまだで、誰もが使えるものではないのが課題です。ただ、農業の高齢化に伴い、農業が楽になり、それなりの収入が見込めれば農業に参入する人は増える事は間違いないだろう。

 特に知識と経験がモノをいう農業、誰もが認める優秀な農作物は熟練した人しか作れないのですが、それが誰でもできるとしたら参入する人も多くなるでしょう。

 量子コンピューターの登場が大きく世界を変える。

 2020年からの10年でこの分野は大きく進化すると思われる。2018年時点で実現マジかと言われていたが、2020年時点では完成しているが汎用性が高くないと言われている。

 次回は量子コンピューターについて詳しく調査していきたい。










【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー