マリリンとオードリー 二人ともデザインになった まとめ :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2020年09月23日00時00分00秒]
マリリンとオードリー 二人ともデザインになった まとめ


知っているようで実はあまり知らないマリリン・モンロー

(ライターFT)

マリリン・モンロー 

 マリリン・モンロー(Marilyn Monroe、1926年6月1日 - 1962年8月5日)は、アメリカ合衆国の女優、モデルである。

 典型的な「ブロンド・ボムシェル(英語版)」("Blonde bombshell", 「金髪美女」)」役を演じたことで有名な彼女は、1950年代で最も人気のあるセックスシンボルの1人であり、セクシャリティに対する時代の態度を象徴していた。align='right'

 彼女は1962年に予期せぬ死(英語版)を迎えるまで、わずか10年ほどの花形役者(英語版)だったが、彼女の映画は2億ドルの収入を得た。彼女は引き続き大衆文化のアイコンとみなされている。

 モンローは、彼女の性的魅力に焦点を当てたノワール『ナイアガラ』と、コメディ『紳士は金髪がお好き』、『百万長者と結婚する方法』の3つの映画で主役を演じ、「頭の悪い金髪女性(英語版)」("Dumb blonde")というスターイメージを確立。ハリウッドの最も有名なスターの1人となった。

🌟出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




 マリリン・モンローはもはやデザインになってしまった。

 ずいぶん若い頃にテレビの再放送で彼女の映画を見たことがあるが、内容は完全に忘れている。それでも彼女がcuteでテレビから目が離せなくなる程、可愛らしいと思ったのも事実。



 ちょっと吹き替えが峰不二子っぽいけど、マリリンの魅力が垣間見える動画です。

 マリリン・モンローとオードリー・ヘップバーンはもはやデザインです。

 とにかく時代を超えたスターということは間違いない。

 スターになる前にヌード写真を撮っていたことが判明したが、彼女の経歴にダメージを与えることはなく、むしろ彼女の映画に対する関心が高まった。

 Wikipediaにはこのように記載されており、ヌード写真もネット上にたくさん出ている。

 死因についても様々な憶測を呼び、マリリンの神格化とも言えるミステリアスな死が未だに話題にされることがしばしば。

 IQは168あったとか、CIAに殺害されたとか、噂も絶えない。

 美しさで言えば、マリリンを超える美しさは、すでにマリリンを超えていると思うけど、マリリンの美しさは普遍的だ。



 美しさとセクシーの代名詞となったマリリン。

 時代を超え、マリリンが愛されているのは彼女の生い立ちや、華やかな生活の中に会見える暗い影なのかもしれない。



 マリリン・モンローのポスターが貼ってあったら、無意識に見ているのはなぜ?





オードリー・ヘプバーンの魅力に迫れ!

(ライターFT)

オードリー・ヘプバーン 

 オードリー・ヘプバーン(英: Audrey Hepburn、1929年5月4日 - 1993年1月20日)は、イギリス人で、アメリカ合衆国で活動した女優。日本ではヘップバーンと表記されることも多い。ハリウッド黄金時代に活躍した女優で、映画界ならびにファッション界のアイコンとして知られる。

 アメリカン・フィルム・インスティチュート (AFI) の「最も偉大な女優50選」では第3位にランクインしており、インターナショナル・ベスト・ドレッサーにも殿堂入りしている。

 ヘプバーンはブリュッセルのイクセルで生まれ、幼少期をベルギー、イングランドで過ごした。オランダにも在住した経験があり、第二次世界大戦中にはドイツ軍が占領していたオランダのアーネムに住んでいたこともあった。align='right'

 古い資料の一部に本名を「エッダ・ファン・ヘームストラ」とするものがある。これは、戦時中にドイツ軍占領下にあったオランダで、「オードリー」という名があまりにイギリス風であることを心配した母エラが、自らの証明書の1つに手を加えて(EllaをEddaとした)持たせた偽名である。

 5歳ごろからバレエを初め、アムステルダムではソニア・ガスケル (en:Sonia Gaskell) のもとでバレエを習い、1948年にはマリー・ランバートにバレエを学ぶためにロンドンへと渡って、ウエスト・エンドで舞台に立った経験がある。

 イギリスで数本の映画に出演した後に、1951年のブロードウェイ舞台作品『ジジ』(en:Gigi (1951 play)) で主役を演じ、1953年には『ローマの休日』でアカデミー主演女優賞を獲得した。その後も『麗しのサブリナ』(1954年)、『尼僧物語』(1959年)、『ティファニーで朝食を』(1961年)、『シャレード』(1963年)、『マイ・フェア・レディ』(1964年)、『暗くなるまで待って』(1967年)などの人気作、話題作に出演している。

 align='right'女優としてのヘプバーンは、映画作品ではアカデミー賞のほかに、ゴールデングローブ賞、英国アカデミー賞を受賞し、舞台作品では1954年のブロードウェイ舞台作品である『オンディーヌ』(en:Ondine (play)) でトニー賞を受賞している。さらにヘプバーンは死後にグラミー賞とエミー賞も受賞しており、アカデミー賞、エミー賞、グラミー賞、トニー賞の受賞経験を持つ数少ない人物の一人となっている。

 70年代以降ヘプバーンはたまに映画に出演するだけで、後半生の多くの時間を国際連合児童基金(ユニセフ)での仕事に捧げた。ユニセフ親善大使として1988年から1992年にはアフリカ、南米、アジアの恵まれない人々への援助活動に献身している。

 1992年終わりにはアメリカ合衆国における文民への最高勲章である大統領自由勲章を授与された。この大統領自由勲章受勲一カ月後の1993年に、ヘプバーンはスイスの自宅で虫垂癌のために63歳で死去した。

🌟出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




マリリン・モンローと同じく彼女も時代を越えた普遍的な美しさを持つレジェンドではないかと思う。

 1993年に63歳という若さでこの世を去ったのだけど、今でもオードリーの美しさは画像と映像の中で生きている様に感じる。

 2020年5月で生きていれば91歳。

 永遠の妖精は永遠の妖精のまま現在でも生き続けている。

 地盤シートの出合いでファッションアイコンとして存在感はやはり時代を超えている。『麗しのサブリナ』(1954年)ではジバンシー自ら衣装担当となり、時代を越え、美しさで世界中の人たちを魅了する。

 そしてこの生きた妖精は数々の名言を残す。

オードリー・ヘプバーン 

 “一番好きなことは笑うこと。人として最も大事なことじゃないかしら”

 “私にとって最高の勝利は、自分と他人の欠点を受け入れられるようになったこと”


 “愛情に怯えたりはしません。でも、愛情が失われることには怯えています”

 “人生について深刻に考えたりはしないけど…私の人生で何をするかは真剣に考えているわ”

 “不可能なことなどないわ。Impossible(不可能)という単語自体に、I’m possible(私にはできる)と書いてあるのだから”

 
🌟Happy Birthday オードリー・ヘプバーン! 愛に生きた彼女の内なる美に触れる名言集。






 有名になると、何気ない言葉が名言としてクローズアップされてしまう。

 誰もがオードリーのように考えているはず。だから心に響くのかもしれないですね。









【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー