5Gサービスはいつから始まるの?機種変更などは必要? :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2020年01月04日00時00分00秒]
5Gサービスはいつから始まるの?機種変更などは必要?


5Gサービスはいつから始まるの?機種変更などは必要?

(ライターFT)

いつから?を総務省の発表から予測する各社の5Gサービス開始時期 

 総務省の割当が2019年の4月に発表されましたが、そのさいに各キャリアからだされた計画の内容も公開されておりますので、今回はそこから抜粋して5Gのサービス開始時期を予測したいと思います。

 NTTドコモ:2020年春
 KDDI/沖縄セルラー電話:2020年3月
 ソフトバンク:2020年3月頃
 楽天モバイル:2020年6月頃

 こちらがキャリアがスタートさせると計画した期日になります。ドコモプレサービスでも一部問題が起こったという話がありますが、それでもこの2020年の春にはリリースされるとみられています。

 春という表現でスタート時期の明言を避けているドコモですが、今回のプレリリースの反応や状況および修正事項などを考慮したうえで決まるかと思いますが、他キャリアが3月ということであればドコモは可能であれば2月にはスタートさせていきたいところではないでしょうか。

あくまでも予想でしかありませんが3月には楽天モバイルを除く3大キャリアでスタートすることはほぼ間違いないのではないでしょうか。

🌟いつから?を総務省の発表から予測する各社の5Gサービス開始時期




 まずは料金について1,000円程度基本使用量が上がるそうです。

 今のプランよりも100倍速くなるようですが、システム担当者から言うと100倍の違いはもはや動画やアプリのコンテンツをダウンロードする以外、サイトの表示であれば特に変わりがないそうです。

 それなら5Gにする必要もないかなと思っています。

 携帯電話を持ってからすでにかなり経ちますが、今まで一度もキャリアを変更した事がなかったのですが、先日、とうとう格安SIMに変更しました。何ら不便はなく、毎月の利用料金も家族で3台だったのが、4台になりそれでも半額で収まっているという状況になりました。うち1台は新規、2台が機種変更、一台はSIMのみ変更です。

 毎月のことを考えると変更して良かったと思います。

 そもそも5Gの利点というのは以下のような利点があるということになります。

みんなが「5G」通信を誤解している…日本企業は“本命”技術で世界に先行 

 5Gの狙いは、同じ場所にいる大勢の人が一斉にダウンロードやアップロードする際に、データレートが悪化しないようにすることだ。通信トラフィック量が急増すると、基地局で処理できなくなる恐れもある。だからこそ、もっと余裕のあるデータレートである20Gbpsと10Gbpsという規格を、3GPP(欧州の規格委員会)で決めたのである。

ニュースサイトで読む: https://biz-journal.jp/2019/07/post_107683.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

🌟みんなが「5G」通信を誤解している…日本企業は“本命”技術で世界に先行


 上記リンクによると、海外の方が5Gが進んでいると言われているが、決してそうではないということが良くわかります。



 大きなスタジアムで一斉に携帯を使い、色々なサービスが受けられるという事が5Gのメリットになります。言い換えれば企業がサービスを売りやすくするという技術革新と言えます。携帯ユーザーにとってはダウンロードが早くなったりアップロードが早くなったり、高画質の映像や動画が時間がかからずにみられるというメリットがありますが、今でも十分ではないでしょうか。

 医療などでは手術の様子を遠隔操作できたり、状況をチェックしたりアドバイスできたり、災害現場では遠隔操作が高画質で格段に操作が早くなれば救助効率はかなり上がるだろう。



 自動車の自動運転も一気に5G技術で広がると言われています。

 2020年から始まり、2025年頃に一般化するのでしょう。

 5Gが私達に何をもたらせるのか、期待が大きいですが使いこなせるのはまだ先のように感じています。









【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー