ジョジョの奇妙な冒険 作画の変遷 黄金の風 :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2019年09月11日00時00分00秒]
ジョジョの奇妙な冒険 作画の変遷 黄金の風


ジョジョの奇妙な冒険 作画の変遷 黄金の風

(ライターFT)

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 

 舞台は2001年のイタリア、DIOの息子「ジョルノ・ジョバァーナ」(ジョジョ)が、ギャング団「パッショーネ」で憧れのギャングスターへと登りつめて行く姿と、彼の仲間との逃避行を描いた群像劇。
Part4の2年後であり、冒頭で広瀬康一が空条承太郎に仕事を依頼されてイタリアを訪れ、矢やスタンド現象を体験するという形で前シリーズから繋がっている。康一と承太郎は序盤でフェードアウトし、主人公の父親であるDIOも回想シーンや肖像写真で登場するのみで、以後のストーリー展開には影響しない。終盤ではPart3からジャン=ピエール・ポルナレフが再登場する。

🌟出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




 7月にテレビアニメが終了しました。面白かったです。

 荒木飛呂彦はイタリアを意識したのか、主要人物のデザインがさらに加速していました。



 ジョジョとブチャラティですが、髪型や服装も今までよりかなり個性的です。



 これが主要人物キャラ。中でもアバッキオはかなりの人気です。



 フィギュアもかなりイメージ通りですね。

 残念ながらアバッキオは物語終盤で死んじゃうのですが、悲しかったです。あまりにも不意をつかれた最後でした。



 そしてギャング、パッショーネのチームリーダーの一人ブローノ・ブチャラティがまたいい。
チーム内でも厳しく徹しているが実際は強い正義感の持ち主。ギャングの恐ろしさを知るがゆえにカタギの人間が組織に関わることを非常に嫌っているが、その優しさから周囲の人間からは厚い信頼を得ている。



 ブチャラティの頭の飾りのような物は一体何でしょう。



 髪飾りとしてamazonで販売されていました。スンゲェ〜〜!



 ヤフーオークションでも出品されていました。

 高ぇ・・・

 ギャングのボスはディアブロという謎の人物。実は多重人格でかなり危ない。もう一つの人格がヴィネガー・ドッピオ。こいつはかなりやばいキャラ(笑



 電話に出ていますが、手元を見るとアイスクリームです。



 主人格であるディアボロから電話があると、どんなことがあっても電話に出ます。

 かなりヤバめのキャラです。



 こちらが主人格のディアボロです。

 テレビアニメ版はかなりクオリティが高かったです。

 ツイッターでは、各キャラが死んだ時には祭り状態になっていました。

 面白いですね。









【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー