フィアットが売れている理由を探れ! :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2018年06月28日00時00分00秒]
フィアットが売れている理由を探れ!



(ライターFT)

フィアットが売れている理由を探れ!


 最近、街でフィアットが走っているのをよく見ます。

 特に「Fiat 500(フィアット500)」をよく見るのですが、フィアットのイメージはルパン3世 カリオストロの城に出てくる車両です。



 映画の冒頭で、ルパンと五右衛門がカーチェイスをするあの車です。



 これはフィアット チンクェチェント(500)というイタリア語で、第二次世界大戦後、車が高くて買えない人たち向けの大衆車として販売された車です。ルパン3世 カリオストロの城で使用されたのが2台目フィアット500で、1957年に発売開始されます。1977年まで製造販売された名車で、イタリアではそこら中に走っている大衆車になります。

 イタリアらしいデザインで、誰が見てもcuteなデザインです。

 コンセプトは4人が乗れる車、スクーターとの差別化を完全に測った当時の時代背景もこの車の売れ行きをお通ししたといえます。

 ヨーロッパの車両デザインは、ワーゲンビートルを始め、独創的でお洒落です。特にこのフィアットもかなりお洒落な乗り物で、未だに人気のあるデザインですね。

 2台目のルパンで使われたフィアットの欠点は乗り心地です。



 排気量は875CC〜1,240CCになります。

 乗り心地もかなり改善されているようで、日本車のミドルクラス程度か、もしくはそれ以上の森ごこちらしいです。

 FIAT500・試乗インプレ「2」

 詳しくは上記サイトで細かく記載されています。



内装も可愛らしいです。



 カラーバリエーションも豊富。



 室内はコンパクトカーだけあって狭目ですが、どれを見ても可愛らしいデザインです。



 シートアレンジについてもバリエーションがあり、小さいながらも考えられた設計になっています。







 いいクルマですね!

 このクルマが売れているのは、可愛くてコンパクトで実用性があるからです。

 中でも一番の理由は、デザインがcuteすぎるんです。

 まさに普遍的なデザインと言ってもいいでしょう。





【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー