東京オリンピックから始まる競技 :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2018年04月23日00時00分00秒]
東京オリンピックから始まる競技



(ライターFT)

東京オリンピックから始まる競技


 2020年開催の東京オリンピックですが、新種目の注目度がすごいですね。

 野球、ソフトボールの復活、スケートボード、スポーツクライミング、サーフィンの5種目が新種目として開催される。野球やソフトボールのルールはだいたい問題ないのですが、その他の競技について調べていきましょう。

 スケートボードは、平昌オリンピックで大活躍をみせてくれた、平野歩夢選手もスケートボード競技の日本代表を目指しています。種目はパーク(男子/女子)、ストリート(男子/女子)があります。

 ●スケートボード

 簡単な説明は上記サイトをご覧ください。

 スケートボードはストリートもパークもかなり面白いです。スノーボード同様、選手達はスタイルを重視しています。



 スノーボードハーフパイプで新旧対決を行い、ミスジャッジ?で敗れた平野歩夢選手もスケートボードに参戦します。代表になることはできるのか。神様ショーン・ホワイトとの対決も期待されます。アメリカ代表のショーンもスノーボードとスケートボードも天才的です。





 平野選手のライディングもYoutubeに上がっていますが、この時点ではショーンの方がまだ格上という感じですね。



 アメリカではXGameというエクストリュームスポーツのオリンピックのような大会が大人気です。

 XGameのスケートボードのアイテムはかなり大きく、計算されたアイテムが多く、中でもバートと呼ばれるスノーボードいうハーフパイプのような形状の競技がかなり見応えがあります。



 すでにショーンはここでも大スター。

 XGameで忘れられないスターがいます。

 トニーホークというXGame、スケートボードの元祖神様です。



 これはXGameでトニーが何度も、挑戦し、1999年の7月27日。X-Gamesの大舞台で成し遂げた900°のメイクです。何万人もの観客の前で世界で初めてトニーがメイクしました。



 とにかく面白いスケートボード、レジェンド達のライディングは感動を覚えます。

 東京オリンピックでも、平野選手だけでなく、代表選手達の動向が気になりますね。





【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー