東京オリンピックにサーフィンとスケートボード :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2015年11月05日00時00分00秒]
東京オリンピックにサーフィンとスケートボード

東京五輪の追加種目に5競技 野球・ソフトにサーフィン、スケボーなど

 サーフ、スケート•ボード、スポーツクライミング、空手、ソフトボールなどが2020年の東京オリンピックで追加種目として提案されるようです。


(ライターFT)

東京オリンピックにサーフィンとスケートボード


 個人的には空手の五輪競技化がないのは納得いかない。フルコンタクトでの競技なのか、寸止めでの競技なのかどちらでも構わない。空手はオリンピック競技として開催されれば空手人口はもっと増えると思います。そしてサーフ&スケートボードも競技化出来るならして欲しい。サーフ&スケートは初心者が見てていても楽しい。そして競技のクオリティの高さ等は現在では目を見張る進化をしている。


神戸に人工サーフィン場開設へ 国内唯一、本格的練習施設




 自然の波で競いたい所だけど、サーフィンに関しては、いい波を捉えるかで採点が大きく左右される。

 人口で自由な波を作れるのなら公平な採点が出来ますね。

 スケートに関してはバートと呼ばれるエアーを競う専用の物がありますので室内でも屋外でもOKですね。すでにアメリカのXGames等ではハイレベルなトリックを競うプロ達が活躍している。

クリックで拡大

 Xgamesを見てると、明らかにオリンピックより面白い。

 ストリートやバート競技等は本当に面白い。

 今やレジェンドとして有名なスケーターがトニーホークという人物。

  


【スケーター名鑑】トニー・ホーク「スケボー界史上最も成功したスケーター」


 とにかくこの人は凄い。

 上記サイトのトニーの動画はXgames至上最も感動した動画です。誰もメイク出来なかった900(2回転半)を何度もチャレンジし、メイクしたシーンです。

 現在はトニーの時代よりもっと進化しています。

 サーフも同じように進化し続けています。

 もし五輪競技として採用されるなら、単純に楽しみです。サーフ&スケート等をもっと身近に感じる事が可能になるでしょう。





【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー