滋賀県近江八幡 めっちゃええやん! まとめ :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2020年09月16日00時00分00秒]
滋賀県近江八幡 めっちゃええやん! まとめ


滋賀県近江八幡 古の街並み散策、そしてロープーウェイ

(ライターFT)

水濠めぐり 近江八幡 

 近江八幡の水郷は、琵琶湖八景の一つ「春色・安土八幡の水郷」に数えられるなど、風光明媚な観光地や市民の心のよりどころとして存在してきました。四季折々に見せるその美しさを求めて、県内外から写真や絵画の愛好者が訪ねてくる場所でもあります。
align='right'
 水郷は四季それぞれに趣があり、水鳥たちも多く集い、自然の営みや恵みを感じることの出来る場所です。ヨシは春に芽吹きはじめ、夏になると青々と4m近くに成長し、秋が深まるにつれ葉を落とし黄金色に変化、冬にはヨシ原で刈り取り風景が見られます。また芽吹きを良くするため、3月上旬頃に行われる「ヨシ焼き」は水郷の早春の風物詩となっています。

 このような情緒を直に感じることが出来るのが「水郷めぐり」です。この始まりは、織田信長や豊臣秀次が戦国の世の疲れを癒すため、宮中の雅やかな遊びを真似たと言われています。

 重要文化的景観について
 平成17年4月の文化財保護法の改正により新しく生まれたもので、文化的景観を「地域における人々の生活又は生業及び当該地域の風土により形成された景観地で我が国民の生活又は生業の理解のため欠くことのできないもの」としています。又、文化的景観のうち、特に重要なものを都道府県又は市町村の申し出に基づき、「重要文化的景観」として文部科学大臣が選定することとなっています。 

 この重要文化的景観第1号として近江八幡市の水郷が平成17年1月26日に選定されました

🌟水郷めぐり




 滋賀県ってとても楽しめる場所が多いですね。

 コロナ渦の中、中々遊びに行くことは難しいですが、今のうちに調べておき、コロナが完全収束し季節も過ごしやすくなれば絶対に行ってみたいのがこの水濠めぐりです。

 料金はどれも一人一律で2,200円でリーズナブル。

 近江八幡市内では現在5社が「水郷めぐり」や「八幡堀めぐり」を行っており、定期便か貸切り(要予約)のどちらかを選ぶことができます。乗船時間は60分〜80分で時間的にもちょうどいいですね。

 ラ・コリーナで遊んだら、帰りは水濠めぐりで水辺から近江八幡を望める、贅沢ですね。



 水濠めぐりの内容ですが、貸切なら近江牛をすき焼きで楽しめるコースもあるようです。



このプランの特徴 

 琵琶湖のほとりに広がる葦原の水路を、情緒ある手こぎ舟で巡りながら、高級牛肉「近江牛」のすき焼きをお召し上がりいただける贅沢プランです!!

 近江八幡にある「西の湖(にしのこ)」は、「重要文化的景観」にも指定され、時代劇のロケ地などにもよく使われる水郷地帯。一面に広がる葦の間を水路が走り、葦の水路と里山の遠景がおりなす景色は、緑にあふれ、まさに日本の原風景・・・。

 ノスタルジーを感じられる景色の中を、手こぎ舟でゆっくりと進んでいきます。
水路では、鷺や鴨などの水鳥たちに出会えることも!世界観に浸れるのは、モーター音がしない手こぎ舟だからこそ!まるでタイムスリップしたような美しい景色を眺めながら舟の上で「近江牛のすき焼き」をお召し上がりいただけます!

 貸切船なので、他のお客様に気兼ねすることなく、絶景と美食をゆったりとお楽しみください。

🌟旅・ぐるたび


 3名様でご利用の場合、27,540円 (税込)/ 艘

 これは近江牛を堪能できて贅沢な雰囲気を楽しめますね。



 美しい日本の風景ですね。



 桜の季節も良いですね。

 雨がしとしと降る春の桜もいいです。


滋賀県近江八幡 古の街並み散策、そしてロープーウェイ

(ライターFT)

近江八幡市とは? 

 滋賀県近江八幡市は、かつて織田信長が築いた安土城の城下町として発展し、江戸時代以降は豪商が巨額の富を築いた煌びやかな歴史を誇る街です。日本最大の湖、琵琶湖の畔に位置し、旧市街から琵琶湖へと続く「八幡堀」と呼ばれる水路が敷かれており、歴史的情緒漂う街並みに華を添えています。
align='right'
 白壁の土倉群、豪商たちが築いた数々の屋敷、凝った意匠が施された町屋家屋が織りなす近江八幡市は、まるで数世紀前から時間が止まっているかのような佇まいをしています。歴史ロマン漂う街並みを残す近江八幡市の見所をご紹介します。

 近江商人たちによって巨額の富を築いた豪商の街として栄光の歴史を誇る近江八幡市は、関西地方の水瓶、琵琶湖畔に位置する城下町です。江戸時代の面影を色濃く残す街並みは、様々な意匠が施された町屋や蔵が軒を連ねており、まるで数世紀前から時間が止まっているかのような佇まいをしています。

 琵琶湖へと続く水路、八幡堀沿いには、白壁の蔵や美しい意匠が施された町屋建物が軒を連ねており、その景観の美しさから国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。小舟が浮かぶ水路と風情ある古い建物を眺めながら八幡堀を散策していると、時代劇のロケ地に迷い込んだような錯覚を感じます。
align='right'
 新町通りは、江戸時代から近世にかけて活躍し、巨額の富を築いた近江商人達の本宅が軒を連ねる通りです。趣向の凝らされた意匠が施された立派な屋敷が並ぶ新町通りを散策しながら、かつての近江商人達の栄光に想いを馳せてみてはいかがでしょうか。

🌟滋賀・近江八幡で歴史ロマン漂う街並みを散策しませんか?おすすめ見どころ10選




 水濠めぐりをした後は、新町通りを散策しましょう。

 巨額の富を築いた近江商人達の本宅が軒を連ねる通り、古い街並みをゆっくり歩き、かわらミュージアムに行くのも面白いでしょう。



 特に鬼瓦が芸術的らしく、圧巻のデザイン。



 300年以上も続く八幡瓦の歴史を後世に正しく伝えるため、瓦づくりの道具や製品などを残していこうと本館が建設されたそうです。

 「るろうに剣心」の撮影場所にもなったスポットのようです。



 ローカル感が最高です、この動画。

 そして街並み散策の締めはロープーウェイです。



 八幡山に登りましょう。

 1585年(天正13年)に豊臣秀次によって築かれた八幡城、標高271.9mの八幡山最頂部に本丸をもうけ、二の丸、西の丸、北の丸、出丸が配置された一大要塞だったそうです。

 現在は石垣を残すのみとなっているそうですが、「恋人の聖地サテライト」なんて呼ばれておりプロポーズの場所に最適とか。

 5分くらいで山頂まで一気に。往復880円とリーズナブルです。

 季節が良くなればリポートしたいと思います。









【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー