NETFLIXでオススメの映画とドラマたち アイリッシュマン :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2020年09月17日00時00分00秒]
NETFLIXでオススメの映画とドラマたち アイリッシュマン


NETFLIXでオススメの映画とドラマたち アイリッシュマン

(ライターFT)

1.NETFLIXのおすすめ映画 

 NETFLIXには、洋画が2,369本あります。
align='right'
 ここではその中でおすすめの洋画を15作品紹介します。

 まず、その中でも特におすすめなのは、以下の5作品です。

 最強のふたり
 ショーシャンクの空に
 セブン
 ゴットファザー
 はじまりのうた
 
 世界的に人気のある作品として、興行収入実績が高く、すでに見ているユーザーが多いものを選びました。

 まだ見たことがない場合は、すべて視聴することで、誰もが一度は見たことのある動画について、その魅力を詳細に語れるようになるでしょう。



🌟【最新】2020年NETFLIXで絶対に見たいおすすめコンテンツ33選




 ネットフリックス に加入したのは「ブレイキングバッド」や「ベターコールソウル」、「Jimmy,アホみたいなホンマの話」などのドラマが観たかったからです。



 Netflixはオリジナルコンテンツが多いんんです。

 洋画も邦画もイマイチ少ないのが残念ですが、これから必ず観るであろうNetflixオリジナル作品もかなりあります。

 マーティン・スコセッシ監督、ロバート・デ・ニーロ主演の「アイリッシュマン」



 これは必ず観るでしょう。

 マーティン・スコセッシですもんね。

 でも3時間を超える超大作になるので、中々チャレンジができません。

 実はこの映画、実話ベースなんです。

 登場人物のほとんどが実在したマフィアのボス、そして監督はマーティン・スコセッシ。



 絶対に観ない訳にはいかないだろう。

 マーティン・スコセッシだから物語はシンプルなようで複雑に感じるかもしれない。対策としては登場人物の背景を知っておくことがベスト。

 ジミー・ホッファという男

 アル・パチーノが演じるジミー・ホッファという人物。

 今までにも何度も映画化されており、関連本も多く出版されています。



ジミー・ホッファ 

 “ジミー”ジェームズ・リドル・ホッファ(James Riddle "Jimmy" Hoffa、1913年2月14日 - 1975年7月30日?)は、アメリカ合衆国の労働組合指導者。

 1957年から1971年まで全米トラック運転手組合「チームスターズ(International Brotherhood of Teamsters(IBT))」の委員長を務めた。1975年に失踪し、1982年に死亡宣告。マフィアと手を結び、長年にわたり不正行為を働いたとされる。

 チームスターズ労組の現会長、ジェームズ・フィリップ・ホッファ(英語版)は息子。チームスターズは1903年に発足した全米最大手労組のひとつで、トラックやタクシーの運転手を中心に運輸・商業部門そのほか関連分野の労働者を組織している(teamsterは家畜に引かせた荷車の御者やトラック運転手を意味する語)。


🌟出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


 ジミー・ホッファはすでに消されていると思われているが、アイリッシュマンではどのように描かれているかですね。

 ジミー・ホッファを主人公にした関連作品も多く映画化されているので、アイリッシュマンを観るまえに観ておくと良いかも。



 <ストーリー>
 恐慌が吹き荒れる1930年代のアメリカでトラック運転手のジョニー(スタローン)は会社への待遇改善運動をきっかけにF.I.S.T.(全米長距離トラック輸送組合)に加盟。しかし大企業という巨大な権力に立ち向かうには“力”が必要だと悟ったジョニーはマフィアと手を組むが……。

 モデルは完全にジミー・ホッファです。

 スタローンがとても良いです。

 これもオススメ作品です。

 アイリッシュマンに出てくる実在する人物はまだまだ。









【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー