2020年 最新家電 映像機器編 :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2020年06月24日00時00分00秒]
2020年 最新家電 映像機器編


2020年 最新家電 映像機器編

(ライターFT)

有機elテレビ 

 有機ELとは『有機エレクトロ・ルミネッセンス(Electro Luminescence)=有機EL』のことで、パネル自体を発光させることができるテレビです。液晶テレビとの違いは、バックライトなしでパネル単体で発光させることが出来るという仕組みの違いになります。

 これによって、無発光の美しい漆黒の表現が可能となり、映像のコントラストは格段に向上しました。映像はパッと明るくその美しさに驚かれる方が多いです。また作りがシンプルな分反応速度が早く、スポーツなどの素早い動きにも強いです。まさにオリンピック視聴には最適だといえます。

 デメリットは価格がまだ高いことと、電気代の高さです。10年前の液晶テレビと比べても高いことが起こりうるので、有機ELテレビを検討している方はしっかりと確認しましょう。また、サイズ展開が55型/65型/75型がほとんどで小型テレビサイズは製造技術の兼ね合いで現在は存在しません。

🌟【2020年完全版】テレビの最強おすすめ特集【8選】選び方と最新情報をご紹介




 有機ELテレビのデメリットは電気代の高さとコストパフォーマンスの悪さ。小型がないことくらいです。

 画像重視の方は有機ELで決まりですが、液晶画面でも充分美しいです。

 内蔵チューナーの有無も考慮したいです。

 4K内蔵チューナーの有無ですが、後付けでチューナーを購入するなんて無駄なことはやめておきましょう。

 そしてVOD(ビデオオンデマンド)機能がついているTVがほとんどですが、やはりついていない物を選ぶよりはこの機能がついている物を選びましょう。

 そしてメーカーですが迷わずに日本製を選びましょう。

 PanasonicやSHARP、東芝とありますがやはりSONYが完璧ではないでしょうか。

 映像と音質を考えればSONYのブラビアしかないと思います。

 電気量販店で色々と物色して回りましたが、私もSONY BRAVIAを昨年購入致しました。

 快適ですが、OSがAndroidで、たまに再起動してやらないとVODやYoutubeが固まる現象に陥ります。

 世界で一番売れているテレビは韓国のLGらしいですが、電気屋で見た限りではまだまだ映像はSONYには追いついていません。

 BRAVIA KJ-49X9500G [49インチ] の価格ですが12万円代が最安値nになります。





 かなり迷いますがやはりSONYがお勧めです。









【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー