2020年 最新家電 まとめ :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2020年06月25日00時00分00秒]
2020年 最新家電 まとめ


2020年 最新家電

(ライターFT)

【2020年版】家電のおすすめ35選。最新家電から一人暮らしにぴったりのアイテムまで 

 新しい家電を購入すると気分が変わります。新生活のスタートや家電が古くなって買い替えるときなど、製品選びには失敗したくないものです。しかし、家電量販店に行くと、キッチン家電や大型家電、デジタル家電などさまざまな種類の家電が並んでいて、どれを選べばよいのか悩むはず。

 そこで今回は、ジャンル別におすすめの最新家電やこだわり家電をご紹介します。ぜひ参考にして、生活を豊かにする家電を見つけてみてください。

🌟生活家電スピーカー扇風機




 暑いですね。

 家電といえばここ最近よく名前を聞くのはアイリスオーヤマです。色々なテレビ番組でも特集されたりとアイデア商品が多く、使い勝手も良さそう。アイリスオーヤマといえば、数年前ペットグッズなどで名前を知ったのですが、現在では家電製品が注目されています。

 特徴は安い。使いやすい。アイデア商品満載と言ったところか。



 置き型のドライヤーですが、これは女性には便利です。



 ペットのシャワー後の感想も両手が使える。



 このサーキュレーターは我が家でも昨年購入し、これ一台で大活躍しています。

 上下左右に首振り機能がついており、エアコンの冷気を循環させるには最適です。

 アイリスオーヤマで気になっているのがテレビです。

 大手家電メーカーからの転職組が技術者員として多く存在するそうです。

 特に価格の安さに驚きます。



 50型で約7万円、中国製より安いですね。

 新型4K液晶テレビ アイリスオーヤマ「LUCA XUB30シリーズ」ですが、かなり評価は良いです。

 メインの大きさでこの価格です。

 32型程度なら3万代、寝室のテレビとしてはコスパ最高ですね。

 2014年から家電業界に本格的に参入、白物家電を手がけてきましたが、テレビにも参入してきました。

 ビジネスジャーナルによると、画質はイマイチらしいですが、中国メーカーと比べるとどうなのか?

 同程度なら価格で負けるかも知れないですね。VOD機能もついていないのは少しマイナスですね。

 安かろう悪かろうでは家電業界は厳しいですね。







2020年 最新家電 キッチン家電編

(ライターFT)

トースターの種類 

 トースターの種類としてもっとも一般的なのは、食パンなどの食材を庫内に並べて配置し、内部のヒーターで加熱する「オーブン式」。いわゆる「オーブントースター」と呼ばれるものです。パンを焼くのはもちろん、高温のヒーターを活用してグラタンなどのオーブン調理ができるのも魅力。今回は、このオーブン式をメインにご紹介します!

🌟《2020年》オーブントースターおすすめ10選! おいしく焼ける高コスパ機から高級モデルまで




 今一番注目しているキッチン家電が画像のアラジンというグラファイトトースターです。



 さらにパンだけではなく色々な料理も。



 価格も22,000円とトースターの割に高価ですが、オーブンレンジってパンを焼くには少し頼りないですね。
 
 このアラジン、スイッチオンすると0.2秒で一気に焼きあがります。

アラジン(Aladdin) 4枚焼き AGT-G13A(G) [AGTG13AG] グリーン グラファイト グリル&トースター -人気商品- 【代引き、配達日時指定不可】【一部送料別途】  

【商品説明】
■忙しい朝にこそ、極上のトーストを
■おいしいトーストの秘訣
■グリルパンで料理の幅が大きく広がる
■グリルパンでつくるおいしいレシピブック付き
■進化したアラジンのグラファイト グリル&トースター

【製品仕様】
・電源:AC100V
・消費電力:1300W
・ヒーター:庫内上:グラファイトヒーター
      庫内下:石英管ヒーター
・温度調整つまみ:280℃〜100℃
・トースト枚数:4枚
・コードの長さ:1.0m
・本体サイズ:W360×D355×H250mm
・庫内有効サイズ:W310×D285×H87mm
・本体質量:約4.7kg
・付属品:グリルパン、グリルネット、レシピブック、コンセプトブック

🌟楽天販売サイト


 最近のオーブントースターはかなり調理の幅も広がっています。

 現在うちにあるオーブントースターは小さめで時間もかかります。しかもトースト以外にもあまり調理用途が限られていたりと、限られた使用用途でした。

 オーブントースターで「焼く」「煮る」「蒸す」「炊く」の4つの調理が可能になります。

 「炊く」?



 専用のグリルパンで炊き込みご飯もできるのです。

 電子レンジはすでに温めるのみと化す時代に突入ですね。

 バルミューダとアラジン、かなり迷ったのですが、この動画を見るとアラジンで決まりかと思います。



 どちらもメリット、デメリットがあり、好みとは思いますが、やはりアラジンですね。アラジンの方が火力が強いのか、硬めに焼き上がるのですね。この辺りは焼き上がりの時間や温度も変えていかないといけないですね。



 グラファイト グリル&トースターで決まりかな。






2020年 最新家電 映像機器編

(ライターFT)

有機elテレビ 

 有機ELとは『有機エレクトロ・ルミネッセンス(Electro Luminescence)=有機EL』のことで、パネル自体を発光させることができるテレビです。液晶テレビとの違いは、バックライトなしでパネル単体で発光させることが出来るという仕組みの違いになります。

 これによって、無発光の美しい漆黒の表現が可能となり、映像のコントラストは格段に向上しました。映像はパッと明るくその美しさに驚かれる方が多いです。また作りがシンプルな分反応速度が早く、スポーツなどの素早い動きにも強いです。まさにオリンピック視聴には最適だといえます。

 デメリットは価格がまだ高いことと、電気代の高さです。10年前の液晶テレビと比べても高いことが起こりうるので、有機ELテレビを検討している方はしっかりと確認しましょう。また、サイズ展開が55型/65型/75型がほとんどで小型テレビサイズは製造技術の兼ね合いで現在は存在しません。

🌟【2020年完全版】テレビの最強おすすめ特集【8選】選び方と最新情報をご紹介




 有機ELテレビのデメリットは電気代の高さとコストパフォーマンスの悪さ。小型がないことくらいです。

 画像重視の方は有機ELで決まりですが、液晶画面でも充分美しいです。

 内蔵チューナーの有無も考慮したいです。

 4K内蔵チューナーの有無ですが、後付けでチューナーを購入するなんて無駄なことはやめておきましょう。

 そしてVOD(ビデオオンデマンド)機能がついているTVがほとんどですが、やはりついていない物を選ぶよりはこの機能がついている物を選びましょう。

 そしてメーカーですが迷わずに日本製を選びましょう。

 PanasonicやSHARP、東芝とありますがやはりSONYが完璧ではないでしょうか。

 映像と音質を考えればSONYのブラビアしかないと思います。

 電気量販店で色々と物色して回りましたが、私もSONY BRAVIAを昨年購入致しました。

 快適ですが、OSがAndroidで、たまに再起動してやらないとVODやYoutubeが固まる現象に陥ります。

 世界で一番売れているテレビは韓国のLGらしいですが、電気屋で見た限りではまだまだ映像はSONYには追いついていません。

 BRAVIA KJ-49X9500G [49インチ] の価格ですが12万円代が最安値nになります。





 かなり迷いますがやはりSONYがお勧めです。









【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー