ストレスを放置しておくとヤベェぞ! :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2020年11月17日00時00分00秒]
ストレスを放置しておくとヤベェぞ!


ストレスを放置しておくとヤベェぞ!

(ライターFT)

(1)ストレスの現状 

 少子高齢化、団塊世代の大量退職、成果主義の導入、国際競争の激化、人員削減による負担の増大、経済状況の悪化など、近年、働く人々を取り巻く環境は大きく変化しています。こうした変化に伴い、仕事でストレスを感じている労働者の割合や、ストレスの内容も変化してきました。align='right'

 厚生労働省が5年に1回行っている「労働者健康状況調査」によれば、「仕事や職業生活でストレスを感じている」労働者の割合は、50.6%(1982年)、55.0%(1987年)、57.3%(1992年)、62.8%(1997年)、61.5%(2002年)、58.0%(2007年)、60.9%(2012年)と推移しており、今や働く人の約6割はストレスを感じながら仕事をしていると言えます。

 この割合を年代別に見てみると(2012年の調査結果)、58.2%(20歳代)、65.2%(30歳代)、64.6%(40歳代)、59.1%(50歳代)、46.9%(60歳以上)と推移しており、30歳代・40歳代のいわゆる働き盛り世代のストレスが高く、この傾向は男女ともに共通しています。

 ストレスの内容を具体的に見ると(2012年の調査結果)、人間関係(41.3%)が最も多く、仕事の質(33.1%)、仕事の量(30.3%)と続きます。これを男女別に見ると、男性では人間関係(35.2%)が最も多く、仕事の質(34.9%)、仕事の量(33.0%)と続くほか、会社の将来性(29.1%)や昇進、昇給の問題(23.2%)、定年後の仕事・老後の問題(22.4%)についても男性の3人から4人に1人の割合で訴えていることが分かります。

 一方、女性では人間関係(48.6%)でストレスを自覚している人が約半数を占め、続いて仕事の質(30.9%)、仕事の量(27.0%)と続いています。

 これらの結果は、仕事で経験するストレスの内容が性別によって異なることを示しています。職場でストレス対策を進める際には、これらの内容の違いを十分に考慮する必要があると言えるでしょう。

🌟1 ストレスとは



ストレス社会…自分に合った対処法を 臨床心理士・尾崎さんに聞く

 Wikipediaによると「生活上のプレッシャーおよび、それを感じたときの感覚」と記載されている。精神的なものだけでなく、寒さ熱さなど生体的なストレスもあり、ストレスが健康に影響を与えることもわかっている。

 ストレスが健康に影響を与えるとあるが、人それぞれに身体的な不具合が発生する。

 例えば、ストレスを感じることでできものができたり、肌荒れがしたりと人間はストレスに敏感な人が多い。

 2012年の研究では、ストレスが健康に影響を与えると認識している群の死亡率が43%高まるという研究結果もあるほど。

ストレス (生体) 

 ストレスの原因はストレッサーと呼ばれ、その外的刺激の種類から物理的ストレッサー(寒冷、騒音、放射線など)、化学的ストレッサー(酸素、薬物など)、生物的ストレッサー(炎症、感染)、心理的ストレッサー(怒り、不安など)に分類される。ストレッサーが作用した際、生体は刺激の種類に応じた特異的反応と刺激の種類とは無関係な一連の非特異的生体反応(ストレス反応)を引き起こす。

🌟出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


 ストレッサーを取り除くことが急務と言える。

 「物理的ストレッサー」(暑さや寒さ、騒音や混雑など)、「化学的ストレッサー」(公害物質、薬物、酸素欠乏・過剰、一酸化炭素など)、「心理・社会的ストレッサー」(人間関係や仕事上の問題、家庭の問題など)

 まずは自分のストレスは何なのかを理解しておく必要がる。

 ストレス反応は、心理面、身体面、行動面の3つ、この内のどれに当て嵌まるのか、それとも複数なのかです。

 2020年はコロナ渦にあり、外出に制限があったり、人と関わる仕事をしている人などは感染しない、させないような気遣いが普段の生活にプラスされ、さらにストレスがかかってきたりする。



 まずは動画を見て自分のストレスの原因を探ることでストレス解消の糸口が見つけられるかもしれない。









【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー