山本 太郎はなぜキャリアを捨て政治家になったのか? :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2020年10月27日00時00分00秒]
山本 太郎はなぜキャリアを捨て政治家になったのか?


山本 太郎はなぜキャリアを捨て政治家になったのか?

(ライターFT)

大阪都構想 

 山本 太郎(やまもと たろう、1974年(昭和49年)11月24日[2] - )は、日本の政治家、元タレント、元俳優。政党「れいわ新選組」代表、前参議院議員(1期)。生活の党と山本太郎となかまたち共同代表兼政策審議会長、自由党共同代表兼政策審議会長などを歴任した。兵庫県宝塚市出身。

 1990年、箕面自由学園高等学校1年生の時に「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」の「ダンス甲子園」に出場し、芸能界入り。align='right'

 1991年、映画代打教師 秋葉、真剣です!の準主役で役者デビュー。それ以来、「田舎の気の良いあんちゃん」など、肉体派でありながらどこか素朴さを持つ優しく真面目な面と、ヤクザの若頭などの強面も出来る面が定着し、50本以上の映画やドラマで俳優として出演したほか、バラエティ番組での司会やナレーションなど多方面で活躍した。演じる役のほとんどが関西出身の設定であるため(本人も関西出身である)、関西弁で演じている。

 政治家として
 
 2011年4月、反原発運動を開始。同年5月末にはシス・カンパニー (1998年 - 2011年5月27日)を退社し6月には退社前に決まっていたミュージカルに出演したが、その後フリーランスとなり「EDEN」など映画・舞台等小規模作品にコンスタントに出演していた。

 2012年4月、太陽光発電設備の販売や施工を手掛ける「ソーラーリフォーム社」(横浜市)に正社員として就職。営業を担当。反原発運動のため俳優としての仕事が減り、収入が十分の一になったと コメント。
 
🌟出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




 山本太郎がなぜ政治家になったのかを考えている。

 もしかしたら彼は信じられるのではないのか?

 最近特にそう思います。



 この動画を観ると心が動かされる。

 過激な言動や国会での牛歩や天皇陛下に直接訴えたり、やることは破茶滅茶にに思えるかも知れない。

 もっとメディアも彼を取り上げるべき、視聴率の撮り方を知っているので、視聴率は上がるだろう。

 だけど動画でも彼が言っている通り、スポンサーとの相反する利害関係でメディアも彼を呼べないのだろう。

 福島の問題を福島の人の話に寄り添う。反対意見の人と真っ向から向き合う姿勢。










【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー