病気の前兆を知る!ガンのサイン :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2020年10月21日00時00分00秒]
病気の前兆を知る!ガンのサイン


病気の前兆を知る!ガンのサイン

(ライターFT)

がんの症状は、がんの罹患部位によって異なります。症状を見逃してしまい、他の部位に転移してしまうと、がんの治療が長引いてしまったり、大事に至ってしまったりすることも十分に考えられます。今回は主ながんの部位ごとに、症状について解説します。 

胃がんの症状

 胃がんは進行の速度別にタイプが分かれます。
胃がんは、進行が緩やかな「分化型」と、がん細胞の増殖が非常に急速な「未分化型」に分けられます。代表的な症状には、胃の痛みや食欲低下、吐き気などがありますが、がんのタイプによって症状の現れ方が異なります。分化型の場合は、進行が緩やかなため、症状が現れるのに時間がかかり、未分化型は急速に進行するため比較的早く自覚症状が現れます。

 align='right'胃がんは40代以降で発症しやすく、人口10万人のうち何人が発症したかを表す罹患率は、男性146.7、女性62.8とのデータがあります。また、5年生存率は、早期がんでは90%以上、リンパ節や他臓器に転移しているような進行がんでは10%未満と大きく差が開いています。早期発見・早期治療が重要ながんとなっています。

 初期症状

 胃がんの場合、初期にはほとんど症状がありません。胃の痛みや食欲低下などの症状が現れる頃には、既に進行がんになっている可能性があります。中には、胃の不快感や胸焼けが、初期症状として現れることがありますが、初期の胃がんは、健康診断で偶然発見されることが多いのが現状です。

 症状が進むと

 胃がんが進行すると、がんから出血が生じて貧血や黒色便などが現れ、胃に痛みを感じるようになります。また、食べ物の通過性が悪くなるため、慢性的な吐き気や食欲不振などが生じます。他臓器に転移しているような末期がんの場合、5年生存率は7%と言われています。
 
🌟こんな症状が出てきたら、がんの可能性? がんのサインを見逃してはいけない




 癌かも知れない、そう思ったらすぐに受診しましょう。

 すでに癌になる日本人はかなりの数います。
 
 日本の死因第一位は悪性新生物、つまり癌です。

 1947年頃は結核が死因の第一位でした。その後、脳血管疾患が長い間続き、1981年から悪性新生物が現在まで日本人の死因第一位になっています。

 厚労省が発表した人口動態統計により、2018年に亡くなった人の死因は「脳血管疾患」を抜いて「老衰」が第3位となったことが判明、老衰で穏やかな最後を迎えたいと思いますが、ガンは怖いですね。

 老衰の定義というのも難しいですが、寝てたら死んでた、これが一番かと思います。



 ガンの部位別の罹患率が以下の通りです。




 男性と女性で若干、部位は異なりますが、日本人が長寿になればなるほど癌に罹患する可能性が高くなります。

 世界の死因は虚血性心疾患が1位です。つまり心臓発作です。

 ここから生活習慣の違いがわかります。

 日本人はやはり超高齢化社会に入りますので、自然とガンが増えてくるというのも見えてきます。

 がんの多くは、予防可能な生活習慣や環境要因を原因とする「生活習慣病」であり、年齢とともにリスクが高まることが知られています。

 リスク要因としては喫煙が第一位です。

 私も喫煙者ですので、止めないといけないですね。

 誰もがこの病気にはかかりたくないと思っています。

 健康でいるためには生活習慣が大事ですね。









【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー