病気の前兆を知る!糖尿病のサイン :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2020年10月19日00時00分00秒]
病気の前兆を知る!糖尿病のサイン


病気の前兆を知る!糖尿病のサイン

(ライターFT)

糖尿病ってどんな病気? 

 糖尿病とは、血糖値が高い状態が続く病気です。血糖値とはその名の通り、血液中の糖(ブドウ糖)の濃度の事です。血糖値は食事の後や空腹時などで多少変化しますが、それをある程度一定に保つ役割をしているのが、インスリンです。

 インスリンはすい臓で作られるホルモンで、食事をして血糖値が上がるとたくさん分泌され、血糖値をコントロールしてくれます。このインスリンの働きが正常に行われず、血糖値が下がらず高いままだと、糖尿病と診断されます。

 align='right'血糖値が高いまま維持されていると、全身に様々な問題が現れてきます。それがいわゆる糖尿病の合併症です。糖尿病で怖いのが、この合併症なのです。その中でも特に腎臓、眼、神経に現れる合併症を三大合併症と呼んでいます。

 糖尿病は「サイレント・キラー」とも呼ばれる、たいへん恐ろしい病気です。しかし、きちんと治療を受け、コントロールすれば、直接死につながるような病気ではありません。まずは正しい知識を得て、予防や早期発見に努めましょう。

  尿が多い
  喉がよく渇く
  疲れやすい、だるい
  体重が急に減る
  感染症にかかり易くなる
  傷が治りにくい
  昼間でも眠い
  足がよくつる、又はしびれる
  よくお腹がすく
  目がかすむ
  皮膚の痒み
 
🌟もしかして糖尿病!?糖尿病の初期症状とは




 残念ながら糖尿病と診断されてしまうと感知することはありません。

 しかし寛解(かんかい)することは可能です。寛解とは「病気の症状が一時的に軽くなったり,消えたりした状態」を言います。

 2型糖尿病と診断され、体重と食事のコントロールをすることでインスリンの分泌量も平常に戻ることが確認されています。

 完全に生活習慣を見直す必要があります。





 食事をコントロールし、脂肪の蓄積が減ると、膵臓でのインスリンの産生が改善する。2型糖尿病の人は、発症後10年以内なら、肥満を解消し肝臓と膵臓に蓄積した脂肪を減らすだけで、糖尿病が「治った」と同じ状態を維持できると云われています。

 2016年の研究では、2型糖尿病の患者が食事療法をはじめると、7日間で肝臓の脂肪蓄積が大幅に低下し、インスリン感受性が正常化し、空腹時血糖値も正常化することが確認された。試験を8週間続けると、膵臓にたまった脂肪も減り、インスリン分泌が改善し、血糖値はさらに安定するようになると云われています。

 体重コントロールに成功した患者の多くで長年、血糖値は正常値の範囲に収まっているという報告も多数上がっているそうです。

 体重を落としたら、その状態を維持させ、食事と運動を適度にこなしていくことが健康への近道となります。

 毎年の健康診断が需要、そして中年以降、お酒の量も付き合いなどで増えてきますので、体重コントロールを心がけましょう。

 飲み過ぎる日もあります。食べ過ぎる日もあって当然、やっちゃった時は必ずケアすることが大切ですね、









【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー