大麻は法律で禁止されている。しかし世界では合法化されているのはなぜ?大麻の有用性とリラックス効果 :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2020年09月28日00時00分00秒]
大麻は法律で禁止されている。しかし世界では合法化されているのはなぜ?大麻の有用性とリラックス効果


大麻は法律で禁止されている。しかし世界では合法化されているのはなぜ?大麻の有用性とリラックス効果

(ライターFT)

マリファナは規制薬物だが、科学的研究は不十分 

 まず始める前に、この分野はまだ研究が不十分であることをお伝えしておかねばなりません。マリファナは何世紀もの間、薬や発酔剤として用いられてきました(旧約聖書にさえ「kaneh-bosem」として出てくる)。
 
 しかし、マリファナが健康に与える影響については、まだあまりわかっていません。政府が大麻に対して行った分類のせいで、対照研究がほとんど行われてこなかったからです。

 最初の数時間で、マリファナが脳にすること

 カンナビノイドが脳にもたらす主な作用は、ニューロンを発火させつづけ、思考と知覚を拡張し、意識を一点に向けつづけることです(別の思考にとってかわるまで)。これが、マリファナでハイになっているときには、運転や、試験勉強、または、テニスや野球など協調が要求されるスポーツをすべきでないと言われるゆえんです。

 アルコールやカフェイン、砂糖と同じく、カンナビノイドも脳内のドーパミンレベルに影響を与え、多くの場合、リラックスと多幸感をもたらします。

 ほかのドラッグと同じく、マリファナの効果にも個人差があります。すべての人が、楽しく、リラックスする体験をするとは限りません。不安症や、パニック症の人にとっては、静けさをもたらすというよりは、むしろ症状を悪化させるものになるでしょう。

 マリファナには数多くの医療用途がある

 マリファナには、さまざまな潜在的な医療用途があります。米国の23の州とワシントンDCは、医療目的のマリファナ利用を合法化しており、がんやエイズ、関節炎、多発性硬化症、偏頭痛、てんかん、吐き気など、さまざまな病状に適用されています。align='right'

 マリファナと医療の関係も、まだ研究が不足している分野です。CNNのSanjay Gupta博士は、最近の論文で、圧倒的多くの研究(約94%)が、有害性を調べるために計画されており、わずか6%が医療マリファナの有効性を調べるために行われたと述べています。

🌟米国で加熱するマリファナ合法化の議論。脳と体にどんな影響を与えるのか




 イケメン俳優が大麻所持で逮捕され、大麻=悪というイメージがあります。

 確かに大麻(マリファナ)は日本の法律では禁止されており、所持することは許されていません。

 法律を守らなかったということで逮捕されるデメリットは、人生に大きな影響を与えるでしょう。

 まだ研究途中であるというのも本当で、さほど身体に悪影響があるものではないと言えるのが世界各国の考えなのでしょう。

 だから合法、もしくは罪に問わないとする判断をしている国が増えているのでしょう。

 日本の場合、マリファナは非合法ドラッグで法律違反になります。持つことさえ許されない危険薬物に分類されています。

 そしてマリファナ容認する人たちの多くがこんな感じでイメージがあまり良くないというのが実情でしょう。



 イメージですが、こんな人がやっているというイメージです。



 これなんかどのシーンを切り取られたのか、最低の記事です。

 これが「酒飲んで3P」だったらどうでしょう。

 誰もがきっとふ〜〜んで終わるのでしょう。あるいは酒癖割ぃ〜な程度です。

 しかし禁止されている大麻(マリファナ)でこんな感じになると人生台無しになります。

 本当の所をまず知りたいと思います。

 依存性はあるのか?

 身体にどんな影響があるのか?

 医学的にはどうなのか?

 です。

 多幸感ってどんな感じ?

 大麻栽培免許を取得している農家では麻製品を作るために栽培されています。

 大麻を栽培している農家の人はマリファナを吸っているのでしょうか?

 きっと吸ったりはしていないと思います。



 美しい光景ですね。









【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー