異常気象は海水温の上昇、アマゾンの森林が異例のスピードで消失している件と関わりはあるのか。 まとめ :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2020年09月27日00時00分00秒]
異常気象は海水温の上昇、アマゾンの森林が異例のスピードで消失している件と関わりはあるのか。 まとめ


異常気象は海水温の上昇、アマゾンの森林が異例のスピードで消失している件と関わりはあるのか。

(ライターFT)

異常気象には海水温度が関係していた? 

 異常気象には、ある共通点がありました。

 意外なことですけど、海水温度です。

 近年、地球温暖化が問題視されていますが、海水温度も同レベルで問題視され始めていることをご存知でしょうか。

 なぜなら、地球温暖化と海水温度は、密接な関係にあるからです。

 よく「地球温暖化が進んでいるから、南極の氷が溶け始めている」と聞いたことはないでしょうか。
align='right'
 南極の氷が溶け始めていることも事実なのですが、もっと重要視した方が良いことがあります。

 海水温度も上がってきているということです。

 2013年に、NASAのゴダード宇宙研究所元所長、ジェームズ・ハンセン博士が発表した報告書に書かれていたことです。

 「地球の温暖化は、異常気象を頻繁に引き起こすトリガーになる」と警告しています。

 ハンセン博士の調査によると、100年間で海水温度の上昇が世界各地で確認されており、平均で0.5度上がってきているようです。

 海水温の上昇による異常気象の影響は、大きく2つに分けられます。
 ●夏の暑さと冬の寒さが激しさを増す
 ●各地域で見られるはずがなかった現象が起き始める

🌟このまま異常気象が続くと地球はどうなるのか




 アメリカコロラドでは2カ月以上も猛暑と山火事に見舞われていたはずの米コロラド州が、翌日真冬になったり、2020年9月6日(日)ロサンゼルス郡では、郡の観測史上最高気温となる49.4℃が記録されたり異常気象も類をみない災害レベルの気温の急降下があったりと完全におかしい。

 これはアマゾンの森林火災、と言っても人災で農業確保の為の森焼きをして森林破壊しているということだけど、ここからオーストラリアでも大規模な山火事が発生したり、アメリカカルフォルニアでも同じ様に森林火災が広がっている。



 火災で大量の二酸化炭素(CO2)と煙が発生し、欧州連合(EU)のコペルニクス気候変動サービス(CAMS)によると、煙は大西洋岸まで到達しているという報告がある。アマゾンから3200キロ以上離れたブラジルの最大都市サンパウロの空を覆い、街が暗闇に包まれるという事態にも。

 ブラジルだけではなく、隣国のヴェネズエラも森林火災が発生している。

 ボリビア、コロンビアもかなり多くの火災が発生している。

 問題なのはアマゾンでの火災は通常、自然発生するものではなく、農業や大規模放牧のために人間が違法に放火することで起きるという。ボルソナロ大統領はアマゾンの土地を鉱業や農業に活用すべきだと提唱し、NGO団体が火を放ったなどという大嘘をついているのだ。

 温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)を吸収する能力が急速に失われていると警告する研究論文が9月4日、発表された。

 南米アマゾン(Amazon)地域の熱帯雨林は15年以内に、CO2の吸収源から発生源へと変わる恐れがあるというのだ。

 気候変動は大規模植林で緩和できる、ただし米国と同じ面積の森が必要だrという研究も発表されているらしく、現実的に無理な話であることは誰もが理解できる。

 これから注目される農業としてアグロフォレストリー(森林農業)が期待される。



[JICA-Netライブラリ]アグロフォレストリー 森をつくる農業 〜アマゾン熱帯林との共存〜(ダイジェスト版) 

 熱帯雨林の減少が世界的に危惧される中、森林保全と農業経営を両立させる「森をつくる農業(アグロフォレストリー)」技術が注目されています。

 アグロフォレストリーとは、熱帯雨林にカカオ、コショウ、パッションフルーツ等の熱帯作物を混植し、森林生態系を維持しながら農業経営を行う技術です。JICAは長年にわたりアグロフォレストリー技術の開発や普及面で支援をおこなっています。

 本教材はアマゾン地帯のアグロフォレストリーの歴史や技術を具体的に紹介し、関係者の理解を深めることを目的としています。



🌟JICA公式Webサイトー遠隔技術協力 JICA-Net


 アグロフォレストリーの良い点は大きく二つ。一つは、収益の面、作物のどれかがダメになった場合も他の作物や家畜、森の木の一部を材木として売るなどの方法で収入を得ることができるメリットもある。

 何よりCO2吸収にも大きな力を発揮するので、急いでこれを政策化すべきだろう。

 遅いということはない。

 すぐに取り組んではしい。





異常気象は海水温の上昇、アマゾンの森林が異例のスピードで消失している件と関わりはあるのか。温暖化はウソではない進行している。

(ライターFT)

 2020年8月は異常な気温だった。原因はラニーニャ現象ということは分かっている。

 海水温が高温になり、7月に台風がなかったこともあり、台風は凶悪な規模の台風に。気温も9月の前半に35°を超える猛暑、まさに殺人的な暑さだったと思えば、コロラドでいきなりの銀世界、何もかもが異常であるのだ。

 そして2020年の冬は一体どうなるのか?

 ラニーニャの年は大雪になると言われているが、災害級の豪雪になるのだろうか?


1. はじめに 

 2013年1月23日、一橋大学一橋講堂中会議場において、第5回温暖化リスクメディアフォーラムが開催された。本フォーラムは、地球温暖化にかかわる研究者と温暖化を報道するメディア関係者が集まり、最近の温暖化科学に関する話題提供と参加者による意見交換の場をもつことを目的として、2009年3月の第1回から年1回行われている。

 2011年度までは環境省環境研究総合推進費S-5の一環として開催されていたが、S-5の終了にともない、2012年度からは文部科学省気候変動リスク情報創生プログラムが引き継ぐ形で、同プログラムの一環として開催された。

 今回は「地球温暖化は進行しているのか? ―最近の疑問にお答えします―」と題し、長期的な気候変動の中での近年の気温変動傾向の捉え方や、中長期的な太陽活動や北極海の海氷の変動等、地球温暖化を取り巻く最近の疑問について、気候学の立場から議論した。参加者は研究者とメディア関係者合わせて60名程度であり、研究者の割合がやや多かった。align='right'

 (1) 近年、地球温暖化の傾向が鈍っている

 ご存じのとおり、地球の気温は20世紀の100年間で約0.7℃上昇しているが、大気中の温室効果ガス濃度は増加し続けているにもかかわらず、2000年頃からは明瞭な温暖化の傾向が見られない。

 このような温暖化の傾向が鈍っている期間のことを、「空白、裂け目、活動休止」などの意味をもつ英語を用いて「hiatus」と呼んでいる。木本教授によれば、観測された「hiatus」は10年程度の期間にわたっているが、同程度の「hiatus」は過去にも観測されたことがあり(例えば1950年頃など)、驚くほどのことでは決してない。

 今回の「hiatus」をもたらした原因については諸説あり、後述する太陽活動の低下なども原因の一つである可能性は否定できないが、温室効果ガス濃度の増加による加熱を相殺するためには量的に不足しており、大気や海洋など気候システムを構成する要素間の相互作用による気候の揺らぎ(内部変動)によるとする説が有力である。

 ただし、その詳細なプロセスやメカニズムについてはまだよくわかっていない。複数の気候モデルによる長期積分結果では、観測された「hiatus」を必ずしもよく再現できているとは言えないものの、観測データで初期値化した数十年程度の近未来予測実験では、観測された「hiatus」の再現性が向上している。

🌟「地球温暖化は進行しているのか?」研究者とメディア関係者の対話




 地球環境研究センターの記事は2013年時点のもの。



 勿論、専門家が予測しているのだが、これだけ猛暑が続くと温暖化は進行しているとしか思えなくなってくる。

 デイリーSKINでも太陽活動の低下で温暖化どころではなく、寒冷化(マウンダー極小期)になるのではという話をしていましたが、上記サイトを見るとどうやら太陽活動の低下は軽微という段階で、大きな変化はなさそう。

 驚くべきは

 このままのペースでいけば、2030年〜2040年頃には夏の北極海の海氷がなくなってしまう恐れがある。

これは日本にとっても大きな問題だ。

 ロシア北西部の北極海沿岸部に位置するバレンツ・カラ海上での局所的な大気循環の変化により、ユーラシア大陸上のシベリア高気圧に寒気が蓄積され、日本を含む東アジア域に寒波や豪雪をもたらしていると考えられる。

 こうした研究者の予測は温暖化が確実に進行しており、近年の気候変動を引き起こしているということになる。

 ただ地球温暖化がなくても、こうした気候変動はあり得るという話もしている。

 昨日のデイリーSKINでもお話ししましたが人間が起こしてしまった森林破壊が連鎖的にCO2を増やしているのは事実だろう。

 アメリカと同じ程度の森林を作れば、温暖化は解消するというのは、世界が一つになればできる様な気がする。

 難しい問題だとは思うけど、各国のリーダー達がリーダーシップを取らないと変わらないということです。

 アメリカやブラジルの大統領の様に、自然を軽視するリーダーはもう要らない、そんな風に考える今日この頃です。









【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー