労働力人口の現象が止まらない 2025年 生産性の向上 :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2020年07月12日00時00分00秒]
労働力人口の現象が止まらない 2025年 生産性の向上


労働力人口の現象が止まらない 2025年 生産性の向上

(ライターFT)

人手不足の原因は少子高齢化による労働人口の減少 

 日本全体の企業が人手不足問題を抱える大きな原因が、少子高齢化です。世界中を見渡してもこれほど急速な高齢化はないと言われ、これから数年後には超高齢化社会へと足を踏み入れます。「2025年問題」と問題視されていますが、社会全体の高齢化は就職率減少・退職者増加に拍車をかけるでしょう。

 若者が減り高齢者が増えるということは、働ける人の数が減るということです。これを「労働人口」と言いますが、労働人口の減少は少子高齢化と深い関係にあります。介護職のような業種も需要が高まるため、人手不足はますます深刻な問題となるでしょう。

🌟人手不足の業界はどこ?人手不足を解消するための対策方法をご紹介!




 労働力不足になると、自然発生的に給料の高い会社に人が集まります。人材を確保できた会社は従業員を逃さない為にはブラック会社では人材はすぐに辞めてしまいます。給料があまり上がらない会社は働きやすさで給料の安さを補わないとならないでしょう。

 いい人材を確保するには給与、働きやすさの順でしょう。

 これからは人材の確保が最優先になるでしょう。

 それでも人材不足となるので企業は「生産性の向上」を求める以外なくなります。

 「生産性の向上」をするには設備投資が必要になります。

 AIやIT技術といった分野は、生産性の向上に大きく貢献します。これまで人の手で行っていた部分をAIやITで補い、優秀な人材に長く働いてもらえるように社内環境を整えないとならないでしょう。

 「生産性の向上」、10人で行っていた作業を3人で行えるようになれば同じ売り上げでも利益は多くなります。

 会社の利益も多くなります。

 「生産性の向上」とは効率化とは違います。

 先ほども説明した通り、10人で行っていた作業を3人で行い、しかも作業時間も短縮する事です。



 非常に難しいですが、これからの企業はこうした取り組みをする会社が伸びていくでしょう。

 皆さんの会社は働き方改革していますか?

 本当にその会議は必要なのか?

 人間の能力を最大限に引き出すのは余裕だと私は考えています。

 これからの社会は人間の負担がもっと少なくなり、充実した人生が送れるように未来を変えていきたいですね。









【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー