新型コロナの生物兵器説 中国の人口抑制計画 :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2020年07月11日00時00分00秒]
新型コロナの生物兵器説 中国の人口抑制計画


新型コロナの生物兵器説 中国の人口抑制計画

(ライターFT)

米中によるバイオテロはあり得るか、北朝鮮は? 

 今回の新型コロナを巡っては、これまでのところ2つの陰謀説が流布されている。

 一つは、新型コロナウイルスは、中国の生物兵器である、とするものである。

 もう一つは、新型コロナウイルスは、米軍が武漢に持ち込んだものである、とするものである。

🌟新型コロナ巡る2つの陰謀説を徹底検証する


 中国の人口増加、ひとりっ子政策が進み中国の将来は日本を上回る少子高齢化の未来が待っている。

 中国国家統計局は先日、2019年末時点で国内人口が14億5万人に達し、史上初めて14億人を超えたと発表、一方で、労働力人口や年間出生数は減り続けており、日本や欧米メディアは「少子高齢化が加速し、中国経済が低迷する恐れがある」と報道している。

 中国の2019年の出生数は前年比58万人減の1465万人で、3年連続の減少、60歳以上の高齢者が5億人となる。2050年頃の話になる。これは日本の10倍の規模となるのだ。



 こうした現状を踏まえ、高齢化人口を減少させる為に使われたのが新型コロナではないのか?

 2020年7月の時点での新型コロナウィルスによる死者は50万人を超えた。

 中国のコロナ死者数の発表は信憑性に欠ける。

 この新型コロナ、誰もが知っている事だが高齢者の死亡率が高い。心臓疾患やその他の疾患を持つ人も死亡率が高く、まるで健康な人間を古いにかけているようにも思える。

 感染者だけをみると世界で1000万人を超えた。



 まだまだ終息の気配すら見えないこの新型ウイルス、この先どうなってしまうのか、自分の実は自分で守るしかないのです。

 死ぬのは高齢者と経済的に所得の低い世帯が多い。所得の低い世帯員は医療を受けにくいからだ。

 噂話でしかない話だけど命の危険が迫っているのは確かです。









【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー