中国共産党の人口削減計画はNWOとは別なのか? アングロ・サクソンミッションとの違い :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2020年05月19日00時00分00秒]
中国共産党の人口削減計画はNWOとは別なのか? アングロ・サクソンミッションとの違い


中国共産党の人口削減計画はNWOとは別なのか? アングロ・サクソンミッションとの違い

(ライターFT)

JA - アングロサクソンミッション(日本語版) 


 この動画は10年経った今、武漢から始まった新型コロナウイルスの感染爆発をきっかけとして世界中の人々に視聴されているようです。

 今回のテーマは、以前から新型コロナウイルスがパンデミックになると予告されていた可能性があったことです。これから中国共産党は、「ある組織(グループ)がウイルスをばら撒いた」ことの声明を出すものと私は見ています。

 2005年6月、シティー・オブ・ロンドンで開かれた「特別な会議」に出席したとき、中国で人口削減を目的としたパンデミックを引き起こす計画があることを知ったと言います。

 実は、イギリス軍の元将校やロンドンの金融街「シティー・オブ・ロンドン」などに勤務する人々は定期的に会議を開いていたという話があります。毎回、30名程度が集まる非公式の会議であり、出席者はイギリスの政治家や警視庁長官もいたというわけです。

 彼らは、何年も前に立てられた計画について話を進めており、それこそ「イスラエルによるイランへの軍事攻撃」や「金融危機による富の集中」、そして「中国の経済的・軍事的拡大を抑制」するための計画を進めていたということです。

🌟2005年にすでに予告されていた新型コロナウイルスの感染爆発




 陰謀論の話。NWO(ニューワールドオーダー:新世界秩序)は以前から陰謀論として有名だった。

 動画では中国の経済力を崩壊させるべく、計画の展開を話し合い、イスラエルのイラン攻撃から計画から始まり、イランまたは中国に報復するように誘発させるという内容。以下中略・・・

 会議での内容は中国で生物兵器がばら撒かれるという内容の物。中国の国民を標的にしたインフルエンザウイルスのようなウイルス、つまり人為的な新型コロナウイルス。

 これはNWOによるアングロ・サクソンミッションと呼ばれる世界人口を5億人程度まで削減するNWOのとんでもない計画だというお話なんですが、中国共産党も黙ってみている訳ではないはず。



 12億人という人口を抱える中国、習近平率いる中国共産党がNWOと敵対していたら対抗策を打って出るはずである。NWO=イルミナティ、イルミナティ=アングロ・サクソンという図式が成り立ち、どう考えてもアジア人がNWOと共存できるとは考え難い。

 会議に出ていた人は「中国は風邪を引くんだよ」と言っており、まずは中国共産党体勢を崩壊させるために武漢から新型コロナウィルスをばら撒くという事は考えられないだろうか?

 動画内で話をしている男性の名前は『ビル・ライアン』という人物。アメリカテレビ局の元ジャーナリストでプロジェクト・アバロンという組織を作り世界の裏側を暴く活動をしている人物です。2005年6月、ある人物がイギリスの秘密裏に行われている会議に出席、その人物から話を聞いたビル氏は、これから世界がその運命を辿らないようにこの動画を撮影したとされています。

 中国で生物兵器をばら蒔く、中国とイランが欧米に核で反撃。地域の核戦争から世界核戦争ww3へ。人口が5億人以下。NWOのシナリオだという。



 もう一つは中国共産党が考えた「一人っ子政策」の後始末説。

 1979年から2015年まで導入された厳格な人口削減策、計画生育政策(簡体字: 计划生育政策)を指し、一組の夫婦につき子どもを一人に制限するもの。

 これによりもたらされた弊害は日本を上回る少子高齢化問題である。

 『世界人口予測2015年版』によれば、2015年時点での中国の人口構成は、0歳から14歳までが17.2%、15歳から59歳までが67.6%、60歳以上が15.2%、そして80歳以上が1.6%である。

 0歳から14歳までが13.5%、15歳から59歳までが50.0%、60歳以上が36.5%、80歳以上が8.9%なのである。2050年の中国の60歳以上の人口は、4億9802万人!

 そして80歳以上の人口は、1億2143万人である。

 80歳以上の後期高齢者が日本の2020年時点の数になるという計算。

 中国共産党は介護保険などの社会保障整備が未だされ言えていない介護後進国だ。2050年頃に、60歳以上の人口が5億人に達する中国は、大きな困難を強いられるだろう。



 製造業やサービス業の人手不足、税収不足、投資不足、現在の日本の姿そのものであり、その数が数十倍だという非常に怖い未来が待っている。

 盛者必衰という言葉があるが、この先の中国の未来は明るい未来ではないことが予測される。こうした状況を打開する為には、人口削減、つまり高齢者だけを少なくする政策が必要になったのである。



 意図的にNWOが仕掛け、中国共産党がこのアングロ・サクソンプロジェクトにやられてしまったのか、中国共産と自体がNWOと手を組んだのか、意図的に中国共産党が新型コロナをばら撒いたのかは分からない。

 これからの世界は酷い不況の時代に突入するだろう。すでに兆候はみられている。世界が経済的に回らなくなると戦争が起こりやすい。すでにグローバル化の時代、どの国も自国の利益を優先する時代に入っている。

 一握りの頭のいかれたアングロ・サクソン達からの支配から逃れられるようにするにはどうすべきなのかを考えていかないとならない時代に突入しているのではないだろうか?









【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー