年齢を重ねる 良い歳の取り方 自分流の年相応 :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2020年02月28日00時00分00秒]
年齢を重ねる 良い歳の取り方 自分流の年相応


年齢を重ねる 良い歳の取り方 自分流の年相応

(ライターFT)

年齢はただのナンバー。それで何かが決まるわけではない。
 

 「人とは『カテゴライズ』したがる生き物。そうすることで自分を守ったり、他者をすみ分けたりするのです。
『年相応』という考え方はその極み。年齢という一見わかりやすい判断基準を設けることで、自分や人を推し量る…。

 本当は年齢なんてただのナンバーでしかなく、本当に大事なのは、あなたが今日この日までをどう生きてきたのか、ということなのです。

 自分の中で『年相応』などの価値基準を決めるのはいいけれど、それを人に押し付けることはタブー。人が決めた年齢という型の中でもがくなんて辛いですよね。

 年齢なんて気にしないほどの余裕感と自分を愛でる心を持って生きるほうが、ずっと幸せなはずです」(小田切さん)

🌟余裕がない人ほど「年相応」を気にする。年齢という価値観に縛られない、幸せになれる生き方とは?




 年齢という呪縛に囚われないということですが、日本では様々な年齢の常識があります。

 例えば就職にしても、40歳を超えているから正社員は諦めている。採用されないと思い込んでいる人。現実は厳しいかも知れないが、そんなことはない。

 諦めずに就職活動した人に、結果はついてきます。

 就職活動だけではなく、人生で起こる様々なことに対してもそうです。

 年齢という価値観に縛られていると、自分がやりたいと思うことが出来なくなります。

 「老いの整理学」という書籍ですが、この本の著者は91歳、2020年で96歳という年齢で、今も健在。



 「思考の生理学」は30年以上前に出版された書籍、それでも色褪せないポジティヴシンキングは人生の道標になる。ただし若い人にお勧めできる書籍で、中高年には物足りないかも。

 つまり年齢を気にしてしまうと何も出来なくなるということだ。

 自分自身で年齢制限を作っていたり、年齢を理由に夢中になれる事を諦めたりしていたら、それは人生をつまらなくしている以外の何者でもない。年齢を気にしてしまうということは、自分が成長できる事を自ら止めてしまう事になるのではないかと思ってしまいます。



 美輪明宏の名言があります。

美輪明宏さんといえば、心にジンとくる名言で知られています。
 

「年齢なんて、単なる数字です。それ以上でも以下でもありません。気にする必要はありません。」

🌟やたら年齢にこだわる人の心理


 素敵な言葉ですね。

 年齢にこだわらず、自分に限界を作らず、人生を楽しみたいですね。









【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー