年齢を重ねる 良い歳の取り方 :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2020年02月27日00時00分00秒]
年齢を重ねる 良い歳の取り方


年齢を重ねる 良い歳の取り方

(ライターFT)

歳をとるということ
 

 歳をとるとは時間を重ねていくということです。人間としての幅が広がるのと反比例するかのように、肌や髪において若さが失われていくのは自然なこと。

 歳をとるほどに嬉しいことも悲しいことも含めて、多くの経験をします。それら全てを受け止めてきた経験が、雰囲気や佇まい、意志の強さや目の輝きとなって現れるでしょう。

 完璧を求めずに今できることを懸命にやってみましょう。多くの喜びや幸せはもちろん、悩んだり立ち止まることも、生きていればこそです。その時々にしか味わえない貴重な時間を大切にしたいですね。

🌟歳をとる" って素晴らしい。美しく歳をとるために今からできること。




 年齢を重ねるということは一体どういう事だろう。

 歳を重ねると漠然とした恐怖という感情が生まれてきます。

 私事で申し訳ないのだが、ウチはまだ子供も小さく、この子らが大人になって自立するまで働いていることができるのだろうかと考えてしまう事もある。数年前に大病をし、いつまで働けるのだろうか?もし病気が再発し、働くことができなくなったらどうするのだろうという思いがある。

 あるサイトに「 歳を重ねることが怖くないと言ったらうそになる。それがとてもゆたかで素敵なことだと理屈ではわかっていても、加齢を感じるような事象を目にすると気持ちはあからさまに焦り出す。自然の摂理にあらがうのは格好悪いと思うが、なかなか身をまかせる境地に至れない。」

 このエッセイストの知人から言われた言葉として次の言葉が書かれていた。

第三話:歳を重ねるということ
 

 先日女友達らと、素敵に年をとるとはどういうことかと話した。私は80代になっても服装もメークも身ぎれいにしていて、ひとり暮らしでもしゃんとして、年齢を問わず誰とでもフラットにいろんなジャンルの話ができるような人に憧れる。そう言うと、いつも歯に衣着せぬ発言をするひとりが言った。

「容姿や自分にこだわりすぎるのは、ちょっと見苦しく感じられるよね」
 辛辣な言葉にぎくりとした。彼女は続けた。

「年を取るって、受け入れるってことじゃない?」
 ああその通りだと、みなが深く頷いた。

🌟【週末エッセイ】すてきに歳を重ねるとは、どういうことだろう。文筆家 大平一枝


 歳を重ねるということに抗わない、受け入れるという事を誰もが分かっているのに、誰もが恐れを感じている。真理は一つなのに・・・

 このエッセイストの知人はそれを言葉にし、我々にハッと気付かせてくれた。

 そうなんです。

 「年を取るって、受け入れるってことじゃない?」

 では何を受け入れるのか?



 女性と男性では考え方や生活習慣も異なる場合が多いが、歳を取る事をまずは受け入れてみようと思う。年相応の生き方、決してステレオタイプの年相応ではなく、自分流の年相応をすればいいのです。









【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー