ジョジョの奇妙な冒険 作画の変遷 ストーンオーシャン :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2019年09月12日00時00分00秒]
ジョジョの奇妙な冒険 作画の変遷 ストーンオーシャン


ジョジョの奇妙な冒険 作画の変遷 ストーンオーシャン

(ライターFT)

ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン 

 これまでのシリーズ以上に血縁や運命的な「人と人との繋がり」に重きを置いた物語構造が特徴。Part3にてDIOを倒した空条承太郎の直系の血統にあたる娘・空条徐倫と、DIOの残党・後継者との戦いが描かれており、Part1でのジョナサン・ジョースターとディオ・ブランドーに始まり、1世紀以上続いてきたジョースター家の因縁に終止符が打たれる。

 作中年代である2011 - 2012年は連載時点での近未来であり、刑務所を含むアメリカ国内が舞台となっている。Part4からスタンドと深く関わってきた「弓と矢」は本部には序盤で脇役的にしか登場せず、その代わりに物語の鍵となるのはスタンド能力を記録された「DISC」である。

🌟出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




 さらに作画に味が出てきました。

 舞台は2011年のアメリカ。空条承太郎の娘・空条徐倫(くうじょう ジョリーン〈ジョジョ〉)が主人公になります。



 女性がとてもsexyに描かれています。

 前作「黄金の風」でもディアボロの娘であるトリッシュも美しくてsexyでした。



 そしてpart6ではさらに女性が主人公で、かなりカワイイ💞

 空条徐倫以外にも威力的なガールズキャラが多く登場します。





 どのキャラも個性的ですね。

 エルメェス・コステロのキャラはアメリカの人気テレビドラマの「ウォーキング・デッド」に出てくるミショーンがモデルか?



 アニメが待ち遠しいですね。









【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー