ケシを見つけたら、絶対にやってはいけないこと。午前中に芥子坊主にキズをつけ、出てきた樹液を夕方に採取してはいけない、それは犯罪です。 :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2019年08月15日00時00分00秒]
ケシを見つけたら、絶対にやってはいけないこと。午前中に芥子坊主にキズをつけ、出てきた樹液を夕方に採取してはいけない、それは犯罪です。


ケシを見つけたら、絶対にやってはいけないこと。午前中に芥子坊主にキズをつけ、出てきた樹液を夕方に採取してはいけない、それは犯罪です。

(ライターFT)

徳島県内、自生ケシ増加 アヘンの原料 県1・2万本処分 

  アヘンの原料になるとして栽培が禁止され、徳島県内では自生数が減っているとみられていたケシの発見が再び増えている。県は今年、8月末時点で前年を大きく上回る1万本以上を処分した。花がきれいなため、知らずに苗を売っていたケースもあり、県は来年の開花時期にパトロールを強化する。

🌟徳島新聞


 日本にも芥子が自生しているのですね。

 しかも何万本も。



 徳島新聞によりますと

 「20年ほど前から違法と気付かないまま園芸用として広まり、河川敷や山間地などで自生するようになったとみられる。」

 日本ではアヘン法によって規制されているアツミゲシという種。



 綺麗ですね。

 この花が散った時に芥子坊主と呼ばれる果実になります。

 この芥子坊主に傷を入れ、出てきた樹液を固めたものがアヘンとなります。

 もう一つ、アヘンが取れる芥子が「ハカマオニゲシ」と言われているものです。

 東大阪市のホームページを見ると、ハカマオニゲシ (植えてはいけないけし)と紹介されています。

ハカマオニゲシ (植えてはいけないけし) 

・初夏に、径10cmの鮮やかな深紅の大きな花を咲かせる
・草丈は60cmから100cm
・葉や茎全体が白く硬い毛で覆われている
・葉は濃緑色で、鳥の羽のような形に深く切れ込んでいる
・地面に近い部分の葉(根出葉)は蜜についており、長い柄(葉柄)があり、長さは柄を含め20cmから25cm

🌟ハカマオニゲシとオニゲシの比較 東大阪市ホームページ


 東大阪市には自生しているのですね。

 自生している芥子を抜いても抜いても、追いつかないのですね。

 過去に板東英二氏が新聞に子供と映った写真で、庭先にもケシの花が咲いてしまったことがあったらしく、ちょうど長女が誕生。記念撮影がされ、それがスポーツ新聞に掲載され、その横に写っている芥子の花が写り込んでいたらしく、警察が踏み込んできたという笑い話です。

 もちろん、坂東さんはそんなことは全く知らずでした。

 HKT48の劇場公演中に違法植物の写真をアップしたことで警察沙汰になっことをメンバーの植木南央が告白して話題になりました。

植木南央 - 2013/05/16 

また見つけたよ♪

コンクリートと排水溝?のすき間で
頑張って咲いてる ピンクのお花。

これ見たらね
いつも 南央はお花からパワーをもらえるん。

週末まで 雨降らんみたいやけん
水をかけてあげたけど
持ちこたえれるかな??

このお花のように
南央も頑張るけんねー*゜

🌟Googel+にあげられた実際の画像がこちら




 これがその時のUpされた画像だそうです。

 この道端に生えた芥子を見て、自分も頑張らないとと感じたHKT48の植木南央ちゃん、可愛らしいですね。



 お花からパワーを貰い、警察からの事情聴取、結構厳しいですね。

 ケシは道端に生えていたら、触らずに写真に撮影し、カッターなんかでキズなんてつけてはいけません。

 午前中にキズをつけ、夕方に固まった樹液は茶色になっているとか、それをパイプなんかで吸っちゃうと警察に捕まりますので、やめましょうね。

 









【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー