超人類が生まれている可能性がある。 :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2019年06月19日00時00分00秒]
超人類が生まれている可能性がある。

(ライターFT)

超人類が生まれている可能性がある。


“三重らせん”構造のDNAを持つ子どもがいる!? 「超人類」への進化が始まった可能性!
私たち人類のDNAは本来“二重らせん”構造になっているが、ゲノム解析技術の進展により、普段実際に機能しているDNAは30%程度であり、残りの約70%は機能していない「ジャンクDNA」(遺伝情報を持たないDNA)であることがわかってきた。

ところが、“三重らせん”構造のDNAを持つ子どもは、実際に機能しているDNAの割合が高く、“二重らせん”構造の人間よりも脳が活発に活動している。そして寿命も長く、病気にもかからない、まさに「完璧な存在」に喩えられるようだ。そして驚くべきは、“三重らせん”の子どもたちが具えた特殊能力だ。

🌟✅“三重らせん”構造のDNA を持つ子どもがいる!?




 どうも三重螺旋のDNA構造だと、テレパシーが使える可能性があるらしい。

 そうなると、携帯電話も必要なくなりますね。

 陰謀論で考えると、こうした人が増えると、消されてしまう可能性があります。

■“三重らせん”なら、テレパシーも使いこなせる!
フォックス博士は、“三重らせん”構造のDNAを持つ子どもたち3人の特徴を詳細にわたり調査している。それによると、この子どもたちは壁を隔てた別の部屋から、ただ精神を集中させるだけで物を動かすことができ、さらにはコップを見つめるだけで水を満たすことができるなどの特殊能力、すなわち「テレパシー」を使いこなすという。


 精神的な変化はどうなるのだろう。



 ヒトは有史以前から、残虐性があり、欲望という本能で行動の多くを決められているように感じます。食欲を満たすためには同種を殺すことも厭いません。それはヒトの本能で、科学が進歩した現在でも大きな変化はありません。

 食欲、せいよく、睡眠欲が満たされると、経済力を満たそうとします。ヒト社会が三大欲求を満たすことで、その上を目指すという行為は自然な事なのかも知れない。

 そう考えると、争うということは本能としてあり、ヒトである以上避けられない性なのかも知れない。

 理性が発達しているにも関わらず、国家は利益をもたらすために一部の権力者の判断で
戦争を行い、ヒト同士を殺します。



 こうしたヒトの悪循環から抜け出さないとならないと考えた精神構造が、何かのキッカケで遺伝子に変化を起こす可能性もありますね。

 未来の人類はどうなるのか、予想される人類の未来像を見てみましょう。

■“高身長
 技術の進歩により栄養が豊富で人体に害の少ない食料が造られるようになり、人類の平均身長は伸びていくと考えられます。肥満解消の技術や食品が開発されることにより、非常にスリムな身体付きになるといわれています。


 まだまだ食欲を抑える技術はなく、少し先の未来になるでしょうが、成人病が薬の開発で無くなることは50年後間違い無いのでしょう。










【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー