キングギドラがカッコいい!まとめ :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2019年06月12日00時00分00秒]
キングギドラがカッコいい!まとめ

(ライターFT)

キングギドラがカッコいい!



日本が生んだ怪獣王ゴジラをハリウッドが映画化した「GODZILLA ゴジラ」(2014)のシリーズ第2作。前作から5年後の世界を舞台に、モスラ、ラドン、キングギドラなど続々と復活する神話時代の怪獣たちとゴジラが、世界の覇権をかけて戦いを繰り広げる。また、それによって引き起こされる世界の破滅を阻止しようと、未確認生物特務機関「モナーク」に属する人々が奮闘する姿を描く。「X-MEN:アポカリプス」「スーパーマン リターンズ」などで原案や脚本を担当してきたマイケル・ドハティが、脚本を手がけたほか自らメガホンもとった。前作から引き続き、芹沢猪四郎博士役を演じた渡辺謙が出演するほか、カイル・チャンドラー、ベラ・ファーミガ、サリー・ホーキンス、チャン・ツィイー、大人気ドラマ「ストレンジャー・シングス」のミリー・ボビー・ブラウンらが共演。
🌟ゴジラ キング・オブ・モンスターズ




 ハリウッドでゴジラ映画が興行収入1位を獲得している。

 映画の好調はゴジラファンとしては嬉しいことです。

 でも敢えて、今回はキングギドラに焦点を当てたい。だってカッコいいんですもん!

 キングギドラは東宝の「ゴジラシリーズ」の怪獣です。

 初登場は1964年というから50年以上前になります。



 ハッキリ言って、ゴジラよりカクイイのだ!



 動画を観てもらえれば分かりますが、すでに完成されていますね。

 初登場は「三大怪獣 地球最大の決戦(1964年) - キングギドラ、ゴジラ、ラドン、モスラ(幼虫)」というシリーズです。

 キングギドラは宇宙怪獣という設定になります。「ゴジラシリーズ」の怪獣の着ぐるみは作品が異なると別の着ぐるみが作られていることが珍しくないが、キングギドラに関しては同一のものが修復と改修を繰り返されて9年間使用されているとか。


『三大怪獣 地球最大の決戦』

初代キングギドラ。かつて金星にあった高度な文明を3日間で滅ぼしたとされ、現代の地球においては日本の黒部谷[注 9]に強力な磁力を持った隕石となって落下し、やがてその中から炎の塊となって飛び出したものが徐々に形を変え、キングギドラとしての姿を現す。引力光線を吐いて暴れ回り、引力光線による破壊だけではなく巨大な翼からの突風で、東京を壊滅に追い込む。

富士山の裾野にてなおも暴れ回るなか、幼虫モスラに挑まれるが、相手にならないくらいに軽くあしらう。その窮地を見かねたゴジラとラドンが参戦したことで3大怪獣と戦うことになるが、1対1ではゴジラをも圧倒するパワーとラドン以上の速度と飛翔能力をもって、3大怪獣を苦しめる。しかし、ゴジラが引きつけているあいだに背後からラドンに乗ったモスラによって大量の糸を吐きかけられ、がんじがらめにされて動けなくなったところをゴジラに放り投げられて戦意を喪失し、宇宙へ逃げ帰る。
🌟キングギドラ


 ラドンとゴジラの共同作戦で、戦意喪失になり、逃げ帰ってしまったというまさかの結末!

 では新しいキングギドラはどうなのだろう。



 新しいキングギドラもかなりいい!

 素晴らしい。

 キングギドラも世界デビュー、これはゴジラを超える人気になるのではないかと密かに思っています。

(ライターFT)

キングギドラがカッコいい!キラアク星人



キラアク星人
火星と木星の間に存在する小惑星帯に住んでいた宇宙生命体。尼僧に似たケープを着た女性ヒューマノイドとして地球人の前に現わるが、正体は鉱物生命体であり、本来は人頭大の岩のような姿をしている。本作までの東宝特撮作品に登場したミステリアンやナタール人とは逆に低温が弱点であり、高温下でなければ女性ヒューマノイドの姿を維持できないため、地球の火山脈を狙って侵略に乗り出した。地球人が普通に住める程度の常温下でも活動不能となるため、基地の外へ出ることはないが、低温下でも死亡には至らずに鉱物化するだけに過ぎないため、実質上は不死である。
🌟怪獣総進撃





取り敢えず、引くわ(笑

 ゴジラシリーズ第9作目になり、かなり興行収入も落ち込んでいた時代らしい。

 ゴジラ
 ミニラ
 ラドン
 モスラ(幼虫)
 アンギラス
 バラン
 バラゴン
 ゴロザウルス
 マンダ
 クモンガ
 キングギドラ

 これだけのラインナップでも興行収入が4分の一まで落ち込んだなんて、やりすぎですね。

 「キングギドラは宇宙の怪獣です。地球の怪獣では歯が立ちません」

 こんなことを口走るのですが、キラアク星人の陰謀。



 キラアク星人が操るキングギドラVS地球怪獣の戦争になりますね。

 特撮が素敵ですね。



 キラアク星人は女子ばっかですが、みんな美しいです。



 キラアク星人を演じる役者さんは、愛京子という大阪出身の役者さんです。本名・田渕 美粧(たぶち みしょう)。大阪府大阪市出身。

 シングルデビューもしているようで、レコードも3枚リリースしています。



 可愛らしいです。



 「うそ・うそ・うそなのよ」とB面が「あきらめ」何だかいいですね。

 かなりマニアには注目されているようで、コスプレも結構ありました。



 露出が素敵です。

 謎のキラアク星人、素敵です。













【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー