1950年に公開されたヒットしたモノ :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2019年02月12日00時00分00秒]
1950年に公開されたヒットしたモノ



(ライターFT)

1950年に公開されたヒットしたモノ


 1950年と言えば、戦後間もない時代です。

 そろそろ復興にも拍車がかかった時代だと思いますが、この頃の娯楽は間違いなく映画だったと思います。この時代に興行収入1位の映画というのが、小津安二郎監督の「宗方姉妹」という作品です。

【解説】
小津安二郎が松竹を離れ、はじめて新東宝で製作した作品。日本の伝統的な価値観を大事にし、ニヒリストめいた夫に耐え続ける姉と、そんな姉に反発する現代的な妹の対比を通して、戦後の日本の家庭の崩壊を描く。原作は大佛次郎。
【あらすじ】
京都在住の父(笠智衆)から遠く離れ、生真面目で淑やかな節子(田中絹代)と陽気で奔放な満里子(高峰秀子)の姉妹は、節子の連れ合い三村(山村聰)と三人で東京に暮らしている。節子の営むバーの経営がうまく立ち行かない中、職につきもせず退廃的な日々を過ごす義兄の姿に強い不満を持っていた満里子は、姉の幸せを想うがゆえ、節子を三村と別れさせ、かつての恋人・田代(上原謙)とよりを戻させたいと考える。


宗方姉妹(映画)/年代流行より抜粋

 実はこの映画、解説にもある通り姉と妹を通し、当時の家庭の崩壊を描いている秀作になります。

 そして1950年と言えば、約70年も昔のこと。

 主な舞台は、同時代の東京(東京都)、京都(京都府京都市)、神戸(兵庫県神戸市)、奈良(奈良県奈良市)がロケ地となり、東京は、主人公の節子(田中絹代)、満里子(高峰秀子)姉妹が住む街、京都は、父・宗方忠親(笠智衆)の住む街、神戸は田代宏(上原謙)が住む街として物語は描かれています。

 モノクロ作品が苦手な方にはお勧めできないですが、当時の東京、京都、奈良の街並みが垣間見れるだけでもノスタルジーを感じられる作品ですね。

 一方、ハリウッドでは世界初の長編アニメーション「白雪姫」が公開され大ヒットしています。でも、これは1937年の作品で、1950年に、日本では公開されています。戦争の影響ですが、当時の日本では大ヒットしています。



 恐ろしいクオリティですね。



 1950年当時は戦後で、あまり物資も多くなかったらしいのですが、映画や音楽、ファッションなどは、現在と同様、オシャレを楽しむ人が多く、オードリー・ヘップバーンの影響もあり、ネッカチーフが流行っていたとか。



 この頃は、アメリカへの憧れが高かったようです。

 1950年代後半になると、ロカビリー族と呼ばれる人たちに憧れた若者が多くいたそうです。

 日本では日劇ウエスタン・カーニバルをきっかけにブームが起こったそうで、1958年2月から1977年8月まで、日本劇場で開催されていた音楽フェスティバルのようです。1977年までって、長く続いていたんですね。

 名前にあるように、元はウエスタンバンドが集まり、有楽町蚕糸会館6階の東京ヴィデオ・ホールで行われていたそうですが、



 アメリカではプレスリーが大人気だった時代です。

 とにかく熱狂的なファンが多かったみたいですね。

 戦後はジャズ、カントリーが流行し、ロックンロール、プレスリーが流行ります。ロックロールとカントリーを融合したスタイルのロカビリーですが、当時の平尾昌晃、ミッキー・カーチス、山下敬二郎が御三家と呼ばれ、失神者続出するほどの人気っぷりです。

 当時、東京での流行の最先端は六本木と言われており、現在の不良ファッションの先駆けでしたね。



 なんとも言えないですね。

 「チュウチュウトレイーん、汽車がでルゥ〜〜」

 たまらないですね。



 日本語歌詞がなんとも素敵ですね。



 アメリカではプレスリーが大人気、素敵な時代ですね。

 ちょっと不良っぽい感じが流行っていたんですね。

 男子達はロカビリーで女子にモテたい、女子達は誰もが加賀まりこに憧れたそうです。



 六本木族とは戦後復興期を終え、高度成長期に向かう頃、六本木に集まった若者を意味していたそうで、六本木に集まったロカビリー族が後に六本木族と呼ばれるようになったらしく、戦後復興も終わり、若者達はアメリカの流行を追いかけていた時代ですね。

 1950年代、素敵な時代ですね。

皆川デザインBlog






【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ


先週>>
<<次週
メニュー