未来の自動車 まとめ :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2019年01月09日00時00分00秒]
未来の自動車 まとめ



(ライターFT)

未来の自動車


 2030年頃、自動運転の割合が多くなっているのではないかと予測されます。

 タクシーの殆どは、無人タクシーになり、ハイヤーなどの一部の運転のみが友人になるのではないかと考えています。無人運転が開発されると、交通事故は無くなってくるのでしょう。

 タクシーが無人運転になると、タクシー料金が今より下がるかも知れません。

 そうするとクルマ離れが今より多くなるでしょう。必要なときに街路で自動運転タクシーを拾い、少し遠い場所まで行くのに電車やバスくらいの料金で、目的地まで行くことが可能になります。

 例えば、タクシー会社と契約し、月にいくら乗っても定額で、好きな時間に呼び出せることも可能になります。

 こうなればクルマを所有する必要がなくなりますね。

 それでも自分でクルマを運転したいと考える人はいるでしょう。

 クルマを運転するというのは、趣味になり、自動運転ではなく、自分で運転することが楽しいと感じる人は現在でも多くいます。

 技術の進歩は、人間の楽しみを奪い場合もあり得ます。

 クルマの運転を人間は手放さないでしょう。



 2015年のデトロイトで行われた、モーターショーで、メルセデスが開発したメルセデスベンツ FO15 Luxury in motion、まさに近未来です。



 驚きなのは運転席がないことです。



 動画を見て驚きました。



 運送方法も人が介しない手法が主流になるでしょう。



 目的地まで自動運転で運ばれ、荷台から荷物がドローンで個別に運ばれるシステムが考えられているとか。

 人間は自動運転されるクルマに乗り、監視が主な役目になります。



 あくまでもこれは未来コンセプトだと思いますが、これに近い状況になっていくのでしょう。

 2019年現在、自動運転はどこまで進んでいるのでしょう。

 自動運転には段階的にレベル1〜6までがあるそうです。

 レベル1や2は運転支援というレベルです。

 2019年ではレベル3程度です。

 高速道路などで自動運転できる技術です。

 一番、自動運転技術が進んでいるのはアウディだと言われています。

 レベル5、完全自動運転車をほぼ完成させていると言われています。

 日本では2020年までにレベル3を目標にしているらしいです。

 クルマの自動運転に関しての法整備が急がれています。

 自動運転タクシーの実証実験がすでに始まっています。



 技術は完成されていますね。

 後は法整備と微調整ですね。

 私たちが望む未来になるのでしょうか。

 少し先の未来が楽しみですね。

(ライターFT)

未来の自動車 宙を浮く自動車


 映画やアニメで描かれている未来では、クルマにタイヤはない。少し宙を浮いて進むクルマが殆ど、クルマが宙に浮くというのは、現在の技術でもホバークラフトなどであるにはあるのですが、音も大きく未来感はあまりない。

 しかし「リフター」と呼ばれる反重力装置の研究は進んでいる。

 開発しているのはティム・ベンチュラという人物を中心に2002年に研究資金を拠出するというニュースがネットでも残っているが、それ以外のニュースは全くないのが現状です。



 この技術は電流を使い、アルミ箔を宙に浮かせていますが、非常に単縦な方法で浮遊させることができるそうです。



 この技術、イオンクラフト、通称リフターと読んでいるそうです。

 ウィキペディアより抜粋
イオンクラフトは、正負が非対称の形状の電極を備えたコンデンサで構成されている。片側の電極は針のように尖らせ、もう一方はアルミ箔のような広い面積を持たせた形状にすることが多い。このコンデンサに高電圧をかけると、大気分子に誘電分極が発生する。誘電体となった大気に、非対称の形状の電極が発生させる正と負の電場から、各々異なる大きさの電気的な力が働き、結果的に大気(イオン風)が発生するとの説明がなされており、その風による浮力で、浮遊・飛行することができる[2]と言われている。(なお、煙を使ってその大気の流れそのものをリアルタイムで観測した映像も存在する。)
日本には日本万国博覧会の時に、物を浮かせる不思議な装置として紹介された。この装置はまるで未確認飛行物体 (UFO)のように空中浮遊することから、SFに登場する未来技術と認識されることもある。が、技術的には20世紀前半に十分可能な実験であり、2013年現在に至っては、理科の模型実験レベルで実施可能な技術である。しかし、その現象の発見から半世紀以上を経たにもかかわらず、高出力化の研究もなされないまま今に至っており、現在でも軽いバルサ材とアルミ箔を組み合わせた模型を浮遊させる程度の実験で終わっている。




 ウィキペディアには「技術的には20世紀前半に十分可能な実験であり、2013年現在に至っては、理科の模型実験レベルで実施可能な技術である。」と記載されています。

 昭和45年頃には、このイオンクラフトは、すでにあったそうです。

反重力の問題を調べていると、ある陰謀論に行き当たります。

 研究者がことごとく、反重力はないと言い切っているのです。

 要するに反重力は、エネルギーに関することが覆ってしまう可能性があるからです。反重力が開発されることで、我々が、生活するために必要なお金が掛からないとしたら、エネルギー産業はどうなるでしょう。



 反重力とフリーエネルギーは対なのです。

 過去に水をエネルギーとし、自動車を走らせた研究者がいましたが、その研究者は殺害されてしまいました。

 こうした技術が公表されると、エネルギー産業の根幹を揺るがす事態になってしまいます。既存のインフラ、動力構造は崩壊してしまいます。

 それを食い止めるために、エネルギー産業は必死になるでしょう。

こうした技術がすでに出来ていて、世間に公開されたら、私たちの生活は大きく変化するでしょう。

 そんな未来がすぐそこにあるのに、そこに中々辿り着けないでいる私たちです。

皆川デザインBlog










【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー