忘れてはならない政治家や有名人の失言 :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2018年09月09日00時00分00秒]
忘れてはならない政治家や有名人の失言



(ライターFT)

忘れてはならない政治家や有名人の失言


 人は時に失言という失態をさらしてしまいます。にんげんだもの、仕方ないと容認するのは少し待ちましょう。失言はその人の心理を反映しているかも知れないのです。普段から人は心の中で何を思い、何を考えているのでしょう。

 まず政治家の失言大賞は、みぞうゆう発言の麻生副総裁。



 麻生太郎「御嶽山の噴火で亡くなった方々に、激励申し上げます」(「NHKニュースウォッチ9」9月29日)
 
 (麻生氏が)読めなかった漢字
 1.踏襲 2.措置 3.有無 4.詳細 5.前場
 6.未曽有 7.頻繁 8.実体経済 9.思惑 10.低迷
 11.順風満帆 12.破綻 13.焦眉 14.完遂 15.詰めて
 16.怪我 17.参画 18.偽装請負 19.御祈り

 「医師は社会的常識が欠落している人が多い」

 中々のおバカさんですね。

 「医師は社会的常識が欠落している人が多い」という発言は当たっている部分も大きのではないでしょうか。

 (終末期医療について)さっさと死ねるようにしてもらわないとか、考えないといけない。
 
 これもあながち間違いではない。でも友達と雑談しているのではないので、公式な場所で、この発言は問題とされています。

 麻生さんは、こうした発言を考えると、あまり物事を掘り下げて考えないタイプではないでしょうか。

 漢字を読み間違うのは、見ている側としてはかなり面白い。政治家という真面目な人達、元から教養があると思い込んでいる人達、私もそうなのですが、先入観が麻生さんの漢字の読み間違いをさらに面白くさせています。



 英語は喋れるのにねぇ〜





 こんないい演説もするのですが、基本は気さくで少しおバカな感じがしますね。

 今後も麻生さんの言動には注目したいです。





【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー