ゆるキャラならぬ、ゆるパクリ! :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2018年08月06日00時00分00秒]
ゆるキャラならぬ、ゆるパクリ!



(ライターFT)

ゆるキャラならぬ、ゆるパクリ!


 かつては日本も海外の作品をパクリまくっていた。

 今は日本からパクられているが、パクリは所詮パクリでオリジナルを超えることはない。

 韓国でテコンVというロボットアニメがあるらしく、1976年に韓国で産声を上げた。



 これがテコンVだそうだが、何かに似ている。

 永井豪作のマジンガーZに似ているような気がしますね。



 韓国で裁判にまでなったそうですが、韓国の裁判所ではパクリではないという判決が出ていますので、パクリでは無いのです。ちなみにマジンガーZは1972年に放映開始されています。




 上記の画像ですが、右が「千と千尋の神隠し」、左側が「月光の宮殿」という韓国アニメです。世界観や登場人物が酷似しているらしいですが、物語は13歳の少女が不思議な世界に迷い込む宮廷ファンタジーなので、「千と千尋の神隠し」とは違いますね。

 韓国もたまにやらかしちゃうんですね。

 それともインスパイアされただけでしょう。



 これはフィリピンにある遊園地に設置されている巨大ロボットですが、ガンダムなのかな?



 これは千葉のゆるキャラ「キャベッシー」ですが、雑ですね。いやふなっしーの方が雑なのか?

 銚子市の特産品でもあるキャベツをPRする為に誕生したキャラクターで、銚子市が大使として任命したお笑いコンビ「キャベツ確認中」が考案。きゃべっしーは銚子市が公認したわけではなく、あくまでキャベツ確認中が勝手に作ったキャラクターらしいです。



 オジャ魔女どれみと文字が読めません(笑



 コレはパワモン。

 コレくらいのクオリティがいいですね。

 ゆるパクリですね。

皆川デザインBlog






【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ


先週>>
<<次週
メニュー