女性の悩み 膣カンジダ :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2018年06月25日00時00分00秒]
女性の悩み 膣カンジダ



(ライターFT)

女性の悩み 膣カンジダ


 女性の悩みの一つで、とっても厄介なのが膣カンジダです。これは性病ではなく、カンジダ菌というカビの一種で膣内部や周辺に晴れなどの炎症が起こる症状です。実はこのカンジダ菌というのは誰もが持っている常在菌になります。

 これは性行為に関係なく感染します。

 女性には5人に一人は発症すると言われている疾患です。

 おりものの量が多かったり、ヨーグルト状の半固形のおりものが見られたりした場合には、カンジダの発症が疑われます。症状の中で、一番厄介なのが痒みです。

膣や外陰部の痒み(かゆみ)
性器からの生臭いにおい
おりものの量の増加
チーズやヨーグルトのようなドロッとしたおりもの
性器周辺の痛みや腫れ
性交時の痛み
排尿時の痛み


症状はこんな感じです。



 一番の原因は免疫力の低下です。免疫力をあげておくと、この症状は起きません。

 性器に異常を感じたら、すぐに産婦人科で診てもらいましょう。



 軽度のカンジダであれば、睡眠をしっかり摂り、免疫力をあげれば自然に治癒しますが、悪化すると、もうこの痒みとの戦いで最悪です。産婦人科では、膣洗浄や塗り薬の塗布を行うことで症状は快方に向かいます。市販薬でも効果はあるとされていますが、産婦人科で処方されるダイフルカンやフォルカンという処方薬がありますので、産婦人科でこれを処方してもらいましょう。



 これらの薬は

カンジダによる炎症を抑える
粘膜の状態の正常化
かゆみを抑える
臭いを抑える
膣分泌液の増加

 などの効果があります。

薬で治りますので、早めの対処を心掛けてください。

 そして男性は、これが性病では無いという知識を得ておきましょう。



 奥様や彼女が悩んでいたら、早めの対処ができるよう、一緒に悩んであげて欲しいです。









【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー