ケツを締める!ヒップアップ :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2018年06月12日00時00分00秒]
ケツを締める!ヒップアップ




(ライターFT)

ケツを締める!ヒップアップ


 腹筋を毎日しており、それなりの効果が出て来たところですが、ケツがかなり弛んでいます。

 お尻は男性も女性もセクシーポイントの一つです。

 でもお腹みたいに、仲々しまらないのがケツです。



 年齢とともに筋肉を鍛えていないと下がって来ます。若い人でも同じですが、特に30歳を過ぎた頃から顕著になります。どうせなら健康的な身体を維持したいです。




 ケツを鍛えるには大臀筋(だいでんきん)を鍛える必要があります。

 一番簡単な方法としては、正しい姿勢を保つことです。



 姿勢の悪い人は、正しい姿勢を意識することから始めましょう。

 姿勢を正しくすると、体幹が鍛えられて来ます。正しい姿勢を意識し、実行するだけで、美しい身体ができやすくなります。気を抜くと、猫背になってしまう人、下腹の力を抜いてしまう人はずっと正しい姿勢を保つという考え方を捨てましょう。

 気が付いたら正す。

 これから始めると以下もしれないです。

 仕事中や自宅でリラックスタイムなども、意識することで正しい姿勢をしてみることから始めてください。下腹が弛んでいるのは、体幹が衰えている証拠です。体感は常に意識することで、自然に改善して来ます。常に意識するというのは、気付いた時に実行するだけです。



 オフィスワークの人は、猫背になって来たら姿勢を正す。

 まずはここからです。猫背になるとお腹もポヨンとしていますので、お腹を意識的に引っ込め、姿勢を正すことをするのです。継続は力なりです、気が付いたらそこそこ姿勢は良くなって、体幹も知らないうちに鍛えられているのです。

 まずは日常動作で姿勢を正しましょう。

 意識するのは姿勢とお腹とケツです。

 歩く時、座る時、チャリに乗る時、すべての日常生活の時、気が付いた時にするだけです。

 これらを意識し、知らないうちに体感を鍛えておくと、ケツの締まりも良くなるはずです。加えてケツを締める筋トレを追加しましょう。

 手っ取り早い大臀筋の筋トレはスクワットです。

【 基本の相撲スクワット 】
1.脚を広めに開き、つま先を45度ほど外側に向けます。
2.この体勢からひざが90度になるまでひざを曲げ、一旦静止します。
3.ひざを伸ばし、元の体勢に戻ります。
これを繰り返します。




 ヒップアップ効果が一気に倍増!大殿筋を使えるようになるストレッチ

上記の方法も効果的だと思います。

 回数は自分ができる範囲から始め、コツは息を吐きながらゆっくりすることです。10回でもキツイです。

 まずは10回からです。できるようになればもう1セット増やしましょう。

 7月にはそこそこの美しいケツが手に入るはずです。(笑
 





【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー