世界コンバットヌンチャク連盟関西本部 練習風景 nunchaku :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2009年07月03日00時00分00秒]
世界コンバットヌンチャク連盟関西本部 練習風景 nunchaku





コンバットヌンチャク!

最近はTVなどで多数取り上げられて巷では結構話題に上っているのではないでしょうか?

ヌンチャクといえば一番初めに思い出されるのがブルース・リーだろう。

まさにあのブルース・リーを彷彿とさせる本気のヌンチャクの戦いが出来る道場がここ大阪でもある。

本格的な武道である。

そして大阪道場の師範代は以前デイリーSKINでお伝えしたアームレスリングチーム【我夢紗羅 大阪】の大阪支部長:高岡俊明さんだった。



(ライターFT)

 『世界コンバットヌンチャク連盟関西本部 練習風景』




まずはこのコンバットヌンチャクの始まりから簡単ですがご紹介させて頂きたいと思います。

このコンバットヌンチャクの創始者は紛れもない日本人なんです。

ヌンチャクアーティスト宏樹という北海道在住の人物が創始者になります。

詳しくはヌンチャクアーティスト宏樹オフィシャルサイトをご覧下さい。

きっとご存知の方も多いのではないでしょうか?

フジテレビ「ザ・ベストハウス123」に出演など多数のTV出演もこなしている。

そしてそのヌンチャクアーティスト宏樹氏のお弟子さんというのが以前デイリーSKINでお伝えしたアームレスリングチーム【我夢紗羅 大阪】の大阪支部長:高岡俊明さんなんです。

世界コンバットヌンチャク連盟はまだ数は少ないとはいえ、すでに日本各地に支部道場が存在します。

北海道 恵庭市 世界コンバットヌンチャク連盟総本部道場
札幌市 世界コンバットヌンチャク連盟札幌本部道場(本部直轄)
世界コンバットヌンチャク連盟札幌白石支部(本部直轄)
帯広市 世界コンバットヌンチャク連盟道東本部道場
紋別市 世界コンバットヌンチャク連盟道北本部道場
大阪 大阪市 世界コンバットヌンチャク連盟総関西本部道場
世界コンバットヌンチャク連盟大阪支部
予定
北海道 北広島市 世界コンバットヌンチャク連盟北広島支部(本部直轄)
海外 中国 世界コンバットヌンチャク連盟中国本部道場


世界コンバットヌンチャク連盟公式サイトより抜粋

そして今回、高岡氏と仲良くさせて頂いている私が是非ともデイリーSKINで紹介させて欲しいと高岡氏に頼み込んで取材、レポートとなりました。

とにかく凄いの一言!

高岡氏もNHKシャキーン等や、他のTV出演もこなし、段々と知名度も上がってきている人物なのだ。

高岡氏は世界コンバットヌンチャク連盟関西本部長でもあり、大阪市が運営する港 近隣センター(予定)大阪市港区八幡屋1-4-20玉造会館、他、という場所で月に6回、7回練習をしている。





中には芯がありまわりは安全に配慮してウレタンラバー素材になっている。
欲しい方は通販もしているようなので気になる方はチェックしてみるのもいいのではないでしょうか。

とにかくコンバットヌンチャクの面白さと武道性は注目すべき点が沢山あります。

まずは礼に始まり礼に終わる武道の精神を大事にしている。




実際の練習はまずは基本的な型の練習から始まり、実践練習がメインとなる。もちろんヌンチャクの握り方からまわし方、当て方、防御方法など細かい指導はもちろん丁寧に教えて頂ける。

講師陣(師範代)は高岡氏ともう一人、大江洋幸先生と2人で教えて頂ける。

コンバットヌンチャクコンセプト

コンバットヌンチャクとは、「安全かつスマート」に
全ての者が修得できる武道スポーツプログラムです。
基本の「構え・打ち・回し・返し・受け・運足」を学び、
「形」の修得を目指します。
武道として、スポーツ競技としてアクション修得として、
またフィットネスとして門下生の目的意識にあわせた
指導をいたします。


コンバットヌンチャクでは競技として確立された試合稽古も行ないます。ここでヌンチャクを「振る」から本質の「打つ」に意識を変え、相手を「叩く」ではなく、「仕留める」術をマスターします。安全面を第一に考慮された試合稽古ですが、任意参加になりますので強制は一切ありません。
女性の方も安心して入会されています。
コンバットヌンチャク大会も開催いたします。


公式ページより抜粋

実際に練習の取材を見て、感じた事はかなりハードな武道と感じました。




打ち合う音もかなり激しい音がしておりました。

動画撮影もして参りましたので次週、実際の練習風景など詳しくお伝え致します。

世界コンバットヌンチャク連盟










【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー