スキカル一本で散髪の巻 :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2010年11月29日00時00分00秒]
スキカル一本で散髪の巻

ココ10年ほど自分で散髪してるチュロス。
スキカル一本でうまくなったチュロスの散髪現場を公開!
しかも、すっぱだか!ポロリは無いよ!(ライター:チュロス)



<チュロス愛用スキカル・カリオーレこの一本で床屋要らず!>

8000円程で購入したときは、3回散髪したら元が取れると考えていたが、
はや10年の相棒スキカル・カリオーレ。

まず、散髪会場はお風呂場。お風呂場なら髪の毛を片付けやすく、
終わった後もそのまま入浴できるのでかなり便利なのだ!冬は寒いよ。


ゴミ箱と鏡とスキカルを用意して散髪の前の儀式、脱衣。
散髪の神に安全と成功を祈りながら脱いでいくのだ!(ウソ)

素っ裸になった後は、2時間ほど鏡に映った自分にうっとり。(←ヘンタイやんけ)

そんなこんなで、散髪会場へ入場、着席。


    
  <カット前はこんな感じ。>


まず、両サイドから。
12mmのアタッチメント使用。

失敗してもサイドなら何とか修正が効くので、リスクの少ないところから始める。
櫛で髪をとくようにすると、自然にカットできるのだ。


とりあえず12mmで両サイドをカットして、次にこめかみ辺りより下を9mmで垂直にカットする。

    <早くも両サイドカット終了>

サイドがすっきりしたら次は後ろ。
後ろは見えないので心の眼で…

そう見るのではない、フォースを感じるのだよ。ウッホッホ(スターウォーズ)


フォースを感じながら、てっぺん後ろ辺りまで思い切ってカット!
やばい!と思うぐらいカットするとちょうどいい。

 
  <後ろカット途中>

ココまで来ると後がない、一番重要な場所。正面。

前髪を切りすぎると坊主頭になってしまうのだ!

ココで失敗して何度坊主頭になったことか…。
(べつに坊主でもいいんだけど、一応いつもの髪型を目指してます)

前髪を多めに残しつつ、後ろへカットする。

スキカル・カリオーレ付属のアタッチメント、スポーツ刈り用は、
伸びきった髪にはうまく毛を拾ってくれないので俺の場合は使えない。




今回は成功だ!



最後にはさみでバランスよく整え、3mmのアタッチメントで裾あたりをカットして終了。

<劇的Befor&After>

この後すぐさま頭から体から何から何まで洗って、片付けて、カット時間はたったの30分!



<散髪の神>



皆川デザインBlog






【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ


先週>>
<<次週
メニュー