酒のもりた!究極小鍋祭り! :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2009年02月17日00時00分00秒]
酒のもりた!究極小鍋祭り!

 ”酒のもりた 究極小鍋祭り!“ 

今年の冬は例年に比べ暖冬傾向でさほど寒い日が多くはない。

しかし2月ともなれば鍋の恋しい季節ですね。

いつも ”酒のもりた ” に訪れると驚かされる事が多い。

今回も驚かされた食材と料理が盛りだくさんでした!

”酒のもりたHP“


(ライターFT)

 『酒のもりた!究極小鍋祭り!』



小鍋祭り!酒のもりたでの小鍋の旨さは昨年8月のレポートで詳しく動画でお伝えしております。

もちろん小鍋がメインですが、今回も旬な魚介類が新鮮な状態で調理され、また味も絶品でした!

特にお勧めの小鍋はもりた特製チゲ鍋!



やはり出汁が旨いのでチゲ鍋の後のおじやが最高に旨い。
特に寒い日のチゲ鍋は格別の味わい。

酒のもりたでは小鍋(お一人サイズ)が¥350〜〜550円というリーズナブルさだ。

そして鍋の後の『鍋のちおじや』(350円)は必ず注文した方がいい(笑

大阪弁でざっくばらんに言うと


 『こりゃたまらんで!めっちゃ旨いわっ!』


チゲだけでなくちゃんこ鍋にてっちゃん鍋、季節の食材が旬のまま入れられているので本当にお勧め!

この日は鍋だけでなくまず最初に酒の肴に出されたのが

目板カレイのお刺身!





もちろんこの日の朝の仕入れで新鮮そのもの!



どうですか!

美しい白身のお刺身です。

シコシコぷりっぷりで歯ごたえがしっかりしている味わい!

そしてこの目板カレイのほのかに香る何ともいい香り。
決して大げさではなくほのかに香る何ともいい香りでした。

付け合わせのカイワレと紫蘇を巻いて食べると何ともいい香りとカイワレのピリリとした刺激が絶妙のバランス。

次はそのまま何もつけずに頂く。

あっさりとしていて独特の香りが口の中に広がります。
ちょっとしたカルチャーショックでした。この何とも言えないいい香り、カレイ独特の香りとの事。

やはり新鮮な素材だけのことはある。

カレイのお刺身なんてあまりお目にかかることもないけど、ここに来ると運が良ければ味わえます。その日の仕入れ状況によってかなりメニューも変わってくるのも酒のもりたで食べる醍醐味!




そして上の画像、このお肉、いったい何だと思います?

実はこのお肉、



     ミンククジラ



なんです!

クジラのイメージと言えば学校給食で出てくる噛んでも噛んでも噛みきれないゴムのようなイメージでした。

しかしこのミンククジラの肉は完全冷凍ではないチルドで入荷してきた逸品!

やはりこのミンククジラのお肉もお刺身で出して頂きました。

この日、本当に運が良かった。

もりたオーナー曰く

『めったに入荷しない』

との回答。

しかし仕入に行き、あったら必ず仕入れはするとの事!

運が良ければミンククジラのお刺身にありつけるかもです。

味の方はまるで ”トロ臭みが少しあるかなと思いましたが全くなし。口どけの良いトロのような食感でいて肉の味。

わさびと生姜、にんにくが薬味になっていてこれがまた絶妙!
凄い!

通常、クジラの肉は完全冷凍で保存されるようですが、本当にたまにチルド状態で入荷するようです。

捕鯨問題などの事もあるので、しょっちゅう食べることが出来ない希少価値のある食材です。通えば必ずいつか食べれます! 




えっ?

何でお皿に何も入っていないかって?

それはあまりの旨さに写真撮るの完全に忘れてしまったんです・・・

ちょっとクジラのイメージ変わりました。





そしてマアジのお刺身!
全てがこの日の仕入れで新鮮そのもの!



そしてメバルの煮こごり。
煮物も最高に旨い!



そしてこのイワシのつみれ。
最近では漁獲高が少なくなってきたとされているイワシ、程よいイワシの風味とまとわりつくような旨みのバランス、そして味付けは何とも形容しがたい美味しさ!

一緒に煮込まれているニンジンと牛蒡、小芋にも中まで味がしみ込み何とも言えない旨みを演出してくれている。



口の中で出汁がジュワッと広がる。薄すぎず濃すぎずちょうどいい味ってこう言うのを言うのでしょうね。




この日は頂いていませんでしたがホッキ貝もカウンターに陳列されていました。





他にもセコガニも!
結構注文していたお客さんがいました!



そして必ず私が注文するのが島ラッキョウなんです。

もろみそにほんのりとわさびを会えて食べると何とも絶品の味。
少しの辛味が何とも素材の旨みを引き立ててくれるお勧めの逸品でした。

いや〜〜!

小鍋の話あまりしてませんが、酒のもりたの小鍋は本当に美味しいぞ!

寒さはこれからが本番です。

本気で旨くてリーズナブルな小鍋を酒の肴に、〆はおじやで心も体もポッカポカになりますよ!

そして酒のもりたで出されるてっちゃん(縞腸)は何とも風味の良い脂身と柔らかさなのでてっちゃん鍋なら最高!

おすすめですぞ!

そして平日の2時半以降なら椅子も出されるのでゆっくり飲んで食べれます。

この日は主婦の二人組が隣で舌鼓を打っておりました。

女性同士も昼間は多いぞ!

いや〜〜〜旨かった!

小鍋と旬の食材で¥2,000も出せばかなりお腹パンパンになりますぞ!

またいこっと!

”酒のもりたHP“地図もあるよ!


皆川デザインBlog






【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ


先週>>
<<次週
メニュー