Tamson式 塗装ブースをつくる :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2008年01月24日00時11分27秒]
Tamson式 塗装ブースをつくる


(ライター:タムソン)









ご無沙汰でございます。Tamson World久々の更新でございます。
昨年夏頃、調子こいてPCのある部屋でエアブラシを吹きまくりで作業していたら
PCがクラッシュしてしまいました! そこで予々構想していた塗装ブースを
作る事になりました。

ホームセンターで部品を買い出します。
●15センチ換気扇 ●大径ダクト ●コミック収納ケース
●汎用塗装ブース用ハニカムフィルター×2 ●スポンジシート ●アルミテープ
以上のパーツを用意します。



まずコミックケースに換気扇の
羽根サイズの円型の穴をあけます。



位置決めをして、コミックケースに換気扇のカバーを
取り付けます。市販のネジでしっかりと止めます。



取り付けたコミックケースと
換気扇カバーに換気扇本体を
取り付けます。



換気扇の梱包されていたダンボールをリサイクルして、
換気扇の背部にハメ込み式の排気管を作成します。
ダンボール箱は加工が早いのでラクラクです。
ダンボール箱と排気管をアルミテープでがっちり
強度補強も含めて取り付けます。



ここまでで基本的な工作は終了です。
本体・排気管と窓の位置決めをしつつ、
本体内部のフィルターを取り付けます。



汎用フィルターはボール紙なので
ハサミで不要部位をカットして終了。



配管と窓の壁になるパーツを特殊な
木製板(紙と木材を混ぜ合わせたようなリサイクルっぽい素材)で
結合して完成です。
かなり簡単な工作とコストパフォーマンスで
ハイパフォーマンスな塗装ブースが出来上がりました。
まだ実使用はしていませんが
試しぶきした感じは、問題なくまずまずです。
市販の塗装ブースで1万〜1.5万円ぐらいの売り値でファンの大きさは約半分ぐらい。
今回の工作費用総額は約7,000円程度
(換気扇約2500円・汎用フィルター約500円×2・スポンジシート約500円・
アルミ製ダクト約1200円・コミックケース約700円・木製合板約500円・アルミテープ約500円)

時間があって工作力のある人は手作りの方が断然おトクです!

結構簡単でしょ!

今年はこれでTamson Worldを盛り上げたいと思います!

応援宜しくお願いします!!

皆川デザインBlog






【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ


先週>>
<<次週
メニュー