マウンダー極小期がやってくる?地球はすでに氷河期に突入している。 :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2020年02月16日00時00分00秒]
マウンダー極小期がやってくる?地球はすでに氷河期に突入している。


マウンダー極小期がやってくる?地球はすでに氷河期に突入している。

(ライターFT)

2030年頃から地球はミニ氷河期に突入する――。 

 英ウェールズで2015年7月9日に開かれた王立天文学会で英国の研究者が驚くべき発表をした。今後15年ほどで太陽の活動が60%も減衰するというのだ。英テレグラフ紙を含めたメディアは「ミニ氷河期に突入」というタイトルで記事を打った。

 研究発表をしたのは英ノーザンブリアン大学のヴァレンティナ・ジャルコヴァ教授。太陽の内部にある磁場の変化によってミニ氷河期が訪れる可能性を示唆した。

 「マウンダー極小期」は1645年から1715年まで続いたミニ氷河期で、黒点の数が著しく減少したことで知られる。地球では寒冷化が進んだ。黒点を研究した天文学者エドワード・マウンダーにちなんで「マウンダー極小期」と呼ばれている。
 
🌟地球は2030年からミニ氷河期に入るのか? 日経ビジネス




 温暖化が進んでいると言うニュースと、寒冷化が近づいていると言うニュースがネット上を飛び回っている。17世紀に起きたマウンダー極小期と「小氷期(ミニ氷河期)」が、あと15年ほどで再び訪れる可能性があるという研究論文が数多く発表されている。

 英ノーザンブリアン大学のヴァレンティナ・ジャルコヴァ教授の計算によると97%の確率で氷河期に突入すると言う。

 温暖化懐疑論を訴えている人達は、世の中に氾濫する温暖化のニュースを全力で否定している。アメリカのトランプなどもその一人。しかしここには支持者の獲得という裏がある。自動車産業などの支持者を守るためには地球温暖化というCO2排出の制限は非常にまずい。化石燃料を生業にしている産業からも多くの支持を集めているという背景があるからだと言われている。

 すでに寒冷化は2015年に始まっているという研究まである。

 しかも最大で200年続くと言われている。

 1645年から1715年にいたるまで太陽の黒点がほとんど観測されなかったマウンダー極小期、黒点の数が減ると太陽の活動が衰え、太陽から地上に届く熱の量も減る。マウンダー極小期には地球の平均気温が1度から2度下がったと言われています。



 中々興味深い動画です。

 偏西風の動きが異常気象の原因ということが分かってきました。

 CO2が増えていることは間違いないのです。地球の気温は太陽から来るエネルギーの関係が非常に大きいと言われれいます。

 温室効果ガスは悪ではないのです。温室効果ガスが地球の気温を保っているという効果になります。

 平安時代は現在よりも温暖だったと言われていますが、この後は寒冷化になっています。地球に溜め込まれた熱エネルギーは火山活動が関係していると言われています。









【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー