花粉症を乗り切れ! :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2019年02月05日00時00分00秒]
花粉症を乗り切れ!



(ライターFT)

花粉症を乗り切れ!


 まだ2月ですが、3月に入ると花粉やPM2.5が舞い飛び、花粉症がひどくなります。

 アレルギー症状ですが、かなり辛いですね。

 一番いいのは、アレルギー性鼻炎専門の耳鼻科でもらう処方薬です。

 これは2月ごろから耳鼻科に通い、処方してもらっておくのがベターです。

 そして耳鼻科はこの時期、恐ろしいほどの混み具合です。

 自分にあった花粉症対策も必要になります。

 耳鼻科に行くか行かないかの判断は、生活に支障をきたすかで判断しましょう。



 花粉症は命に関わる疾患ではないので、必ずしも病院で治療する必要がある絵わけではなく、仕事や私生活がままならない、QOL(クオリティオブライフ=生活の質)が下がってしまうということであれば、病院で医師に相談し、対策を考えておいたほうがいいでしょう。

 初期療法
 花粉の飛散時期に繰り返し花粉を吸いこむと、
ごく少量の花粉でも強い症状が現れるようになります。

 初期療法とは、症状が悪化する前、つまり「花粉が本格的に飛散する前」から薬の服用を開始する治療法です。

 これにより、鼻の粘膜が過敏になるのを抑え症状をコントロールしやすくなります。

 目安としてお住まいのエリアの飛散開始予測日から服用を開始してください。
 (ただし症状の重い方は飛散開始の1〜2週間前から)
 
 そのため、初期療法をお考えの方は、花粉が飛び始める前(スギ花粉症の方は1月中旬〜2月上旬)に受診をしてください。(レーザー治療との併用も可能です)

 実はこれが確実です。



 舌下免疫療法

 スギ花粉症やダニアレルギー性鼻炎の治療法のひとつに、アレルゲン免疫療法があります。
アレルゲン免疫療法は、100年以上も前から行われている治療法です。

 主には、アレルゲンを含む治療薬を皮下に注射する「皮下免疫療法」が行われていますが、近年では治療薬を舌の下に投与する「舌下免疫療法」が登場し、自宅で服用できるようになりました。  

「舌下免疫療法」は、スギ花粉症またはダニアレルギー性鼻炎と確定診断された患者さんが治療を受けることができます。

 1日1回、少量の治療薬から服用をはじめ、その後決められた一定量を数年間にわたり継続して服用します。
 
 初めての服用は、医療機関で医師の監督のもと行い、2日目からは自宅で服用します。

 長期にわたり、正しく治療が行われると、アレルギー症状を治したり、長期にわたり症状をおさえる効果が期待できます。

 症状が完全におさえられない場合でも、症状を和らげ、アレルギー治療薬の減量が期待できます。

 色々な方法がありますが、下の動画をご覧下さい。



 非常にわかりやすいですね。

 クスリで止めない、出すこと(デトックス)、悪い食べ物を取らないということを考えていかないとならないということですね。



  花粉症対策の食べ物はコレ!

皆川デザインBlog






【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ


先週>>
<<次週
メニュー