デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2018年06月21日00時00分00秒]
トランスミュージックとお経



(ライターFT)

トランスミュージックとお経


 トランスミュージックというと、ハウスから派生したエレクトロニック・ダンス・ミュージックの一種で、まさにトランス状態に陥る為の音楽。

トランス (音楽)

 詳しくはウィキペディアを読んでもらえばよく分かりますが、トランスミュージックでも多くのジャンルが存在します。

全部読む!!

先週>>
<<次週
先週>>
<<次週
[2018年05月26日00時00分00秒]
カヴァー曲の素敵なのを!



(ライターFT)

カヴァー曲の素敵なのを!




 フレディの「監獄ロック」いいですね。



全部読む!!

先週>>
<<次週
先週>>
<<次週
[2018年05月24日00時00分00秒]
レジェンド QUEEN 歌詞を詠む



(ライターFT)

レジェンド QUEEN 歌詞を詠む


 QUEENというバンドがレジェンドと言われるのは、一つのジャンルに捉われない音楽性が要因と考えています。1973年にイギリスロンドンでデビュー。2018年に入っても、QUEENは解散していない。新たなサポートヴォーカリストであるアダム・ランバートを迎え、勢力的とはいえないが活動中のレジェンドアーティストです。

 現在ではこれほどのレジェンドバンドの地位を揺るがさないQUEENですが、デビューしてヒットするまでは約2年を要します。

 正解的なレジェンドバンドになったのは1976年のジャパンツアーがきっかけと言われています。1975年にあの名曲、「ボヘミアン・ラプソディ」のヒットから人気はさらに倍増し、現在の地位を築き上げました。

全部読む!!

先週>>
<<次週
先週>>
<<次週
[2018年05月16日00時00分00秒]
ウィスパーボイスのシンガーたち まとめ



(ライターFT)

ウィスパーボイスのシンガーたち


 ウィスパーボイスとはどんな唱法なのでしょう。
 
 ウィスパーボイス(whisper voice)とは発声においてささやき声(whisper)・もしくはささやきに近い息漏れ声(breathy voice)を指す言葉で、特に日本の歌唱・朗読・ナレーションなどの分野で用いられることの多い用語である。また、常日の会話をささやき声・息もれ声によって行う人・地声がささやき声のようである人やその声を指すこともある。

 ウィキペディアより

全部読む!!

先週>>
<<次週
先週>>
<<次週
[2018年05月15日00時00分00秒]
ウィスパーボイスのシンガーたち 海外シンガー編



(ライターFT)

ウィスパーボイスのシンガーたち 海外シンガー編




 キャシー・クラレ、彼女は世界中で愛されるウィパーヴォイスのシンガー。

 フランス生まれで、18歳でスペインに拠点を移す。

全部読む!!

先週>>
<<次週
先週>>
<<次週
[2018年05月14日00時00分00秒]
ウィスパーボイスのシンガーたち



(ライターFT)

ウィスパーボイスのシンガーたち


 ウィスパーボイスとはどんな唱法なのでしょう。
 
 ウィスパーボイス(whisper voice)とは発声においてささやき声(whisper)・もしくはささやきに近い息漏れ声(breathy voice)を指す言葉で、特に日本の歌唱・朗読・ナレーションなどの分野で用いられることの多い用語である。また、常日の会話をささやき声・息もれ声によって行う人・地声がささやき声のようである人やその声を指すこともある。

 ウィキペディアより

全部読む!!

先週>>
<<次週
先週>>
<<次週
[2018年04月11日00時00分00秒]
松任谷由実 45周年 祝



(ライターFT)

松任谷由実 45周年 祝


 日本を代表するシンガーソングライターである松任谷由実ですが、先日、テレビで45周年の特番をやっており、何曲か披露していたのですが、ほとんど聴いたことがある曲でした。これだけでもすごい事だと思うのですが、彼女の魅力はどこから着ているのかを考えてしまいました。1954年生まれとは思えない美しさ、そしてどの世代でも共感できる歌詞。まさにユーミンの作る歌詞とメロディは普遍的だと感じてしまいました。

 音楽をビジネスと捉えている人たちにとって、ヒットを連発するアーティストはあくまでもビジネスと割り切るべきなのでしょう。でもユーミンが45年にも渡ってトップミュージシャンとして一線で活躍できたのは、ビジネス以外のプラスαがあったからではないでしょうか。ミュージックビジネスを飛び越えた何かが、ユーミンにはあり、リスナーは無意識にそのプラスαを感じてしまっているのが、彼女が45年もこの業界でトップシンガーとして君臨できた証ではないでしょうか。

松任谷由実

全部読む!!

先週>>
<<次週
メニュー