悪魔に魂を売ったミュージシャン ロバート・ジョンソン :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2013年10月09日00時00分00秒]
悪魔に魂を売ったミュージシャン ロバート・ジョンソン

 ロバート・ジョンソン は伝説のブルースマンとして世界的に有名なミュージシャンだ。

 アコースティックで弾き語りする彼のプレイは現在の大物ミュージシャンに大きな影響を与えている。そしてクロスロードで悪魔に魂を売ったことでも有名だ。

(ライターFT)

悪魔に魂を売ったミュージシャン ロバート・ジョンソン




 当時、あまりのギターテクニックに驚いたオーディエンスは

「十字路で悪魔に魂を売り渡して引き換えにテクニックを身につけた」 
 有名な話である。

 これが彼のクロスロード伝説だ。

 悪魔に魂と引き換えにしたのはもちろん命だ。27歳という若さでこの世を去った。

 このクロスロード伝説をモチーフにしたロードムービーが中々面白かった。ギタリスト必見のロードムービーだ。キャスティングがまたよくてスティーヴヴァイなども思いっきり出演している。



 中々面白い映画です。

クロスロード伝説
「ギターが上手くなりたければ、夜中の12時少し前に十字路にいって、一人でギターを弾くんだ。そうすると『レグバ』っていう大柄の黒マントの悪魔がやってきてギターを取り上げる。
そうして彼がチューニングして一曲弾いてから返してくれる。その時から何でも好きな曲が弾けるようになるんだ。」
ロバート・ジョンソンは夏のある日、とある十字路(クロス・ロード)でギターがうまくなるために自分の魂を売ることを悪魔と契約した。
やがて彼はBluesで名声を得ることなるが、その日から地獄の番犬に追われ、ほどなく契約通り命を奪われる・・・

 上記がクロスロード伝説の概要です。歴史と偉人伝 ブルースアカデミーより抜粋 
 彼のクロスロード伝説には彼がギターを引き始めた頃に周りからへたくそ扱いされていたそうです。よっぽど悔しかったのか、元の性格が負けず嫌いだったのか、IKE ZINNERMANというアラバマ出身のギタリストから教えてもらい猛練習したそうだ。

 あまりの短期間のうちに驚く程の上達ぶりだったので悪魔に魂を売り渡したと噂されだしたのだ。

 27歳という若さでこの世を去ったブルースマンは案外努力の人だったのかもね。

 しかし女癖は最悪だったらしい(笑 

皆川デザインBlog










【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー