精神崩壊している人として最低のビジネスマン達ばかり、現実にこんな人間が会社にいたら怖いわっ! 半沢直樹2 でもやっぱり面白い :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2020年08月02日00時00分00秒]
精神崩壊している人として最低のビジネスマン達ばかり、現実にこんな人間が会社にいたら怖いわっ! 半沢直樹2 でもやっぱり面白い


精神崩壊している人として最低のビジネスマン達ばかり、現実にこんな人間が会社にいたら怖いわっ! 半沢直樹2 でもやっぱり面白い

(ライターFT)

大和田暁(おおわだ あきら) 

align='right'
 演 - 香川照之
東京中央銀行京橋支店長(2013年版以前)
→ 同行常務取締役(2013年版)
→ 同行取締役(2013年版最終話・2020年版)

 旧産業中央銀行出身[注 11]。1957年8月12日生まれ。東京都港区出身。港区立赤坂旭丘小学校 → 都立金城中学校 → 私立帝都麻布台高校を経て東京大学法学部を卒業し、産業中央銀行に入行。現在は東京都大田区久が原在住。

 最年少で常務取締役に抜擢された出世頭。派閥意識が強く、駆け引きに長けているが常に冷静で、これまで目にかけてきた部下であっても切り捨てる時は容赦がない。

 かつて半沢ネジへの融資の打ち切りを宣告し、慎之助が自殺するきっかけを作った張本人であり、更にそれは半沢ネジの取引先だった駒田工業倒産の損失を避けるため、わざと彼に情報を伝えず自宅を担保にさせるよう仕向けるための策略であった[ep 2]。
align='right'
 旧産業中央の巣窟「京橋支店」では支店長を務めるなど重要ポストを歴任。大和田派の浅野が支店長を務める大阪西支店で起こった5億の融資事故の報告を受けてその過程で半沢の存在を知り、「旧産業中央銀行出身の優秀な男」として彼に興味を持ち、5億の回収に奔走する半沢を庇う働きを見せた[注 12]。そして半沢が最終的に5億の回収に成功したため、彼の脅しを受けた支店長の浅野からの依頼で半沢を東京本部第二営業部の次長として栄転させ[注 13][ep 1]、後に半沢を自分の派閥に取り込むべく彼に誘いまで掛けていた[ep 3]。

 その一方で、旧東京第一銀行出身の現頭取である中野渡を追い落として次期頭取となる目論みの為、伊勢島ホテルの羽根専務と結託してホテルに不正融資を実行させ、金融庁検査を間近に控えた東京中央銀行に200億もの損失が出るよう仕組んだ。

 しかし同時に、頭取からの指名で伊勢島ホテルの担当となり、その不正の事実を嗅ぎ付けた半沢から宣戦布告されたことで遂に彼と敵対。金融庁検査を乗り切ることを名目に羽根専務をホテルの社長にして、それに反対する担当の半沢を更迭・出向することで彼を担当に任命した中野渡頭取も引責失脚させる策略を巡らすが、半沢の尽力により伊勢島ホテルの経営再建が成功したことで失敗。

 更には近藤の働き掛けにより、自身が彼の出向先であるタミヤ電機を利用して妻の貴子が経営する会社へ迂回融資していた件の証言を取られ一時は窮地に陥るが、それを伏せるため事前に近藤と接触し、タミヤ電機社長の迂回融資に関する証言の報告書を自分に渡すことを条件[注 14]に、東京中央銀行の希望するポストに戻すという提案で懐柔した[注 8]。

 align='right'
 しかし、取締役会での半沢の追及と岸川の土壇場での裏切りによって、難題となっていた伊勢島ホテルへの融資問題の黒幕だったことが露見したばかりか、タミヤ電機を通じて迂回融資していた事実まで明らかになってしまう。更には、第6話で交わしていた約束を理由に半沢から土下座するよう迫られ、取締役たちの前で部下である彼に土下座をした[ep 2]。

 不正が露見したことで、重く厳しい処分が待っているものと思われたが[注 15]、中野渡から言い渡された処分は平取締役への降格という異例の軽さであった[ep 2]。

 行内融和を目指す中野渡が旧産業中央銀行系の有力派閥のトップである大和田に恩を着せ大和田派を自らの勢力に取り込むための措置とみられ、これにより二度と中野渡に逆らえなくなった。

 その後は、中野渡の忠実な部下に転身し、銀行に居残る。自身への処罰を寛大なものにした中野渡に多大な恩義を感じている。一方、これまで目をかけていた部下である伊佐山の裏切りに、激しい怒りを燃やす。

🌟出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




半沢直樹シリーズで忘れられない演技を見せてくれたのは。大和田暁こと香川照之さんです。

 完全に歪んだ性格を見事に演じていました。

 人格破綻者、根性ババ1位、倫理観0のクソ上司です(笑

 香川照之の大袈裟で濃ゆ〜い演技が何とも言えませんでした。



 全く冷静な判断ができなくなっていましたが、冷静な常務ではありませんでしたね。

 花沢くんが大和田常務を目の敵にしていたのは、自分の父が自殺に追い込まれたことですね。復讐劇と言えますが、これは今も昔もドラマを見ていて面白いと感じる要素の一つですね。

 大和田に父のネジ会社を倒産に追い込まれ、父の自殺に原因を作り、東京中央銀行に入社してもいじめられ続けた半沢くんの性格はねじ曲がります。倫理観だけは異常といえるほど高いのですが、最後に大和田を土下座させます。

 現実の社会だったら完全に人格破綻者といえる半沢くんですね。



 そりゃ、左遷させられるわっ!



 精神的に大分おかしくなっていますね。

 そしてもう一人の人格破綻者ですが、またこの人も悪いです。

 市川猿之助演じる伊佐山泰二(いさやま たいじ)です。

伊佐山泰二(いさやま たいじ) 

align='right'
 演 - 市川猿之助[25]
 東京中央銀行本部証券営業部長

 かつて周囲から「大和田の愛弟子」と呼ばれる程の大和田派の行員であり、いずれ頭取にまで出世し、自分を取締役まで引き上げてくれると期待を寄せていた大和田を失脚させた半沢に恨みを抱き、それ以来彼を異常なまでに敵対視する。

 しかし、諸田からリークされた電脳雑伎集団のスパイラル買収案件を成功に導き、ひいては証券部門の地位を銀行内で向上させるために大和田を裏切り、三笠派に鞍替えして三笠にスパイラル買収案件への融資増額の後押しを要請する。
align='right'
 半沢に諸田から電脳雑技集団のスパイラル買収案件をリークされたことを突き止められると、息のかかったシステム部の行員にリーク情報が書かれたメールを受信記録ごとサーバーから削除させ、シラを切りとおす。

🌟出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


 伊佐山泰二、彼も流石に大和田の愛弟子、人格破綻者です。



 もう完全に悪ですね。

 今後の人格破綻っぷりが楽しみでなりません。

 そして変態カップルも登場しています。



 電脳雑伎集団というIT会社の社長と奥様です。

 特に南野陽子演じる平山美幸さんは、幼い頃から使用人に囲まれて育ったためか、社員たちに滅私奉公を求める態度が抜けず、あくまで彼らを「養ってやっている」という傲慢な態度を取るらしいです。

 初回の放送では勤務中にいちゃつくシーンが変態度をアップさせていました。



 ちなみに姓名判断はどうでしょう。
align='right'
 25画には「明敏・進歩・奏功」の意味があり、個性豊かで芸術や学問の分野で優れた才能を持つ人が多くみられます。自立自立心旺盛で活動家です。

 商売上手が多く、さっぱりした性格が良い印象を与えますので営業などにも力を発揮します。本来は不屈の精神とバイタリティーを持ち努力家なので、恵まれた才能と運勢を生かして成功をつかむのも、逆に埋もれてしまうのも全て和合の精神と処世術次第と言えるでしょう。頑固な部分を抑え、心にゆとりを持てば中年期から盛運に向かい家庭運にも恵まれます。女性は我が強いために婚期を逃しがちです。

 物語ではきっとゆとりもなくなっていくのでしょう。

 これからの展開が楽しみな、人格破綻物語ですね。









【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー