昔のクルマ デザイン最高 1980年代の名車 :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2020年03月20日00時00分00秒]
昔のクルマ デザイン最高 1980年代の名車


昔のクルマ デザイン最高 1980年代の名車

(ライターFT)

1980年代の国産スポーツカーの名車一覧 

 70年代の「排ガス規制」への対応を乗り越えて迎えた80年代。走行性能を追求したスポーツカーもあれば、バブルを前にラグジュアリー志向が強いモデルもあり、個性的な車が数多く誕生しました。
現在では「ネオクラシックカー」とも呼ばれ、旧車市場でも人気の高い80年代の名車を紹介します。

🌟昭和のスポーツカー100選!60年代・70年代・80年代の懐かしの旧車まとめ




 80年代に入ると、クルマの性能は格段にUpしてきます。そして各紙ライトが流行ります。

 隠しライトは「リトラクタブルヘッドライト」と呼ばれており、80年代にリリースされた車にはかなり標準装備されていました。



 画像は日産パルサーという1982年ー1986年まで製造販売された」クルマですが、当時は近未来的なデザインで日産以外の自動車メーカーでもかなり流行りました。

「リトラクタブルヘッドライト」もいいのですが、80年大当時、デザインだけでいうならHONDA・シティというクルマがとてもcuteでした。



 1984年式のHONDA・シティが中古車で現在でも販売されていますがかなりの高値で販売されています。車両本体価格118万円、走行距離は18.4万キロでした。コレは中々の価格ですね。

 古いクルマは維持費などを考えると効率的ではないですが、クルマ好きなら各年代のデザインの良さに惹かれますね。

 私が初めて乗ったクルマは日産サニーでした。古い中古車でした。もちろんミッションでパワステではないクルマです。


 
 こんなタイプのサニーちゃんでした。画像はオートマですが、このタイプのミッション車に乗っていました。免許取り立ての高校生の頃、近くの修理屋さんで格安で購入したのを覚えています。

 今思えば80年代のデザインもいいですね。

 個人的には60年代から70年代の名車デザインをそのまま、性能と内装を完全に現代のテクノロジーを駆使して販売したら良いのになんて思っています。

 メーカーは限定生産でやれば絶対に行けると思うのですが、自動車メーカー3、是非企画して下さい(笑









【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー