2020年1月28日 104年ぶりの高温 夏なら大きなニュースになっていたはず! :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2020年02月10日00時00分00秒]
2020年1月28日 104年ぶりの高温 夏なら大きなニュースになっていたはず!


2020年1月28日 104年ぶりの高温 夏なら大きなニュースになっていたはず!

(ライターFT)

2020年1月28日 18時31分 

 28日の近畿地方は、南から暖かい空気が流れ込んだため3月から4月並みの暖かさとなり、大阪市では気温が19.1度まで上がって、1月の最高気温をおよそ100年ぶりに更新しました。

28日の近畿地方は、西日本の南を進む低気圧に向かって暖かい空気が流れ込んだため、各地で3月上旬から4月中旬並みの暖かさとなりました。

日中の最高気温は、
▽和歌山県有田川町で19.2度、
▽大阪市で19.1度、
▽大阪の豊中市と枚方市で17.6度と、
いずれも1月としては統計を取り始めてから最も高い気温となりました。

大阪市のこれまでの1月の最高気温は1916年に観測された19度で、これを104年ぶりに更新しました。

一方29日はおおむね曇りとなり、北部を中心に雨の降るところがあるほか、大阪や神戸などでは、28日と比べて最高気温が3度から5度ほど低くなる見込みです。
 
🌟大阪で19度超 1月の最高気温 104年ぶりに更新




 相変わらず温かい冬です。本来ならば1月2月は極寒の時期です。なのにたんぽぽが咲いたと言うニュースまで。NHKニュースを見れば104年ぶりで、観測史上2回目と言う寒い時期の暖かさになります。

 1916年に観測された19度を記録したらしいのですが、大正16年になります。

 フェーン現象がこの暖かさの原因らしいです。しかし北海道旭川市では氷点下28・1度と言う記録を出したとか。

 やはり100年に1度はこうした異常気象が出るのでしょう。



 大体1.5度くらい100年で気温は上がっています。

 どのデータを見ても近年の気温は上昇していることが明白。

 そしてグレタちゃんの功績で地球温暖化がまた言われ出している。

まやかしの世界規模キャンペーン「地球温暖化問題」(後編) 

 2015年にNASAが発表した論文は、南極が「海面上昇の原因にならず」「氷河の総質量も、減るどころかむしろ増えている」と結論した。
🌟南極もシロクマも異常なし 温暖化ホラー話の大嘘


 ネットの検索エンジンでも地球温暖化懐疑論の記事が減っているのは確か。

 検索エンジンでもかなり下位に落ちているのでしょう。

 トランプ大統領が温暖化は嘘だと言っていたが、トランプが言っていることは信用したくない(笑

 兎にも角にも1月28日の気温は19度、過ごしやすい気温ですが、異常な起床であることは間違いない。










【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー