イランとアメリカが戦争すると世界はどうなるのか?今までの簡単なおさらい :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2020年01月19日00時00分00秒]
イランとアメリカが戦争すると世界はどうなるのか?今までの簡単なおさらい


イランとアメリカが戦争すると世界はどうなるのか?今までの簡単なおさらい

(ライターFT)

【解説】 イランのソレイマニ司令官殺害 なぜ今でこれからどうなるのか 

 イラン革命防衛隊の精鋭コッズ部隊を長年指揮してきたカセム・ソレイマニ司令官をアメリカが殺害したことによって、これまで低強度で推移してきた両国の対立は劇的に悪化した。その余波はきわめて深刻なものになり得る(文中敬称略)。

 報復が予想される。攻撃と反撃の連鎖で、両国は直接対決に近づく可能性がある。イラクにおけるアメリカ政府の将来にも疑問符がつくようになる。そして、中東におけるドナルド・トランプ米大統領の戦略は、もし戦略があるのならば、かつてないほど試されることになる。

 オバマ前政権でホワイトハウスの中東・ペルシャ湾政策を調整していたフィリップ・ゴードンは、ソレイマニ殺害はアメリカからイラクへの「宣戦布告」のようなものだと言う。

 コッズ部隊は、革命防衛隊の海外作戦を担当する。レバノン、イラク、シリアと場所を問わず、攻撃を計画したり現地の親イラン派を後押ししたりして、イランの影響力拡大を推進した。その中心に長年いた立役者こそ、ソレイマニだった。

🌟【解説】 イランのソレイマニ司令官殺害 なぜ今でこれからどうなるのか BBCジャパン




 イランとアメリカは1953年までは仲が良かった。親米政権だったのです。

 英国資本のAIOC(アングロ・イラニアン・オイル会社、現:BP)、膨大な石油利権を持っていたAIOC(アングロ・イラニアン・オイル会社、現:BP)にイランは資産の国有化を断行します。

 アメリカはモハンマド・モサッデク首相を自分たちの都合のいいように据え、傀儡政権を目論んでいたのですが、モハンマド・モサッデク首相は失脚、これによりアメリカはイランの石油利権を独占しよ鵜と目論みます。



 アメリカはイスラム教と政治を切り離した国に作り替えたいと思うのですが、アメリカの傀儡政権と脱イスラーム化と世俗主義による近代化政策を取り続け、パフラヴィー皇帝は、自分の意向に反対する人々を秘密警察によって弾圧し、近代化革命の名の下、イスラム教勢力を弾圧し排除します。

 冷戦下の1970年代当時はアメリカ合衆国とソ連の覇権争いと、その勢力圏下の国や民間組織が、アメリカ合衆国やソ連の代理としての戦争や軍事紛争、政治的・経済的な紛争が世界的に発生・継続していた国際情勢だった、国民は反米・反キリスト教を掲げ当時のソビエト連邦にも依存せずに米ソのどちらの勢力にも加わらない中立の姿勢を堅持、第三世界の自立性の強化を歴史的に実証し、当時第三の勢力として実力をつけつつあった第三世界の傾向を強烈に示したのがこの革命だった。

 完全にアメリカがこの革命に負けたと言えます。

 イランはアメリカを国内から排除したのです。

 もちろん、この革命の指導者はブッシュ前大統領から悪の枢軸呼ばわりされたルーホッラー・ホメイニー師である。

 このように記載すると、イラン悪くないと思えます。

 イランは近代化から宗教を元にした政策に転換します。

 モハンマド・レザー・パフラヴィー皇帝の独裁的な西欧化政策に対する不満を表明する。その後1963年に、皇帝が宣言した「白色革命」の諸改革に潜むイラン皇帝の独裁的な性格を非難、抵抗運動を呼びかけて逮捕される。この時は釈放されるものの政府批判を続け、翌年1964年、ついにホメイニーの国民への影響力を恐れたパフラヴィー皇帝から拉致され、国外追放を受け亡命したのです。









【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー