運気を引き寄せる 運って何? まとめ :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2019年12月05日00時00分00秒]
運気を引き寄せる 運って何? まとめ


運気を引き寄せる 運って何?

(ライターFT)

買うならいつがベスト? 

 今回の発売期間で金運に結びつく日は、11月21日(木)、30日(土)、12月2日(月)、11日(水)、20日(金)の5日間です。

 その他、最も金運に縁のある「寅(トラ)の日」といわれている吉日にあたるのが、11月25日(月)、12月7日(土)、19日(木)の3日間です。

🌟2019年年末ジャンボ宝くじで一攫千金!いつ、どこで買うのがベスト?




 「運(うん)とは、その人の意思や努力ではどうしようもない巡り合わせを指す。」とWikipediaには書かれています。

 科学的に運を考えると、統計学に突き当たります。

 色々なサイトを見ると、事仕運に関しては仕事の遅延が少ない人や問題解決能力に長けている人を指していたり、読めば読む程、これは実力やんって感じます。知り合いの知り合いが多い人が運がいいとかですが、知人が多いということはそれだけ人付き合いを大切にしているということになります。やはりこれも努力なんです。

 そんな事ではなく、無職の人が宝くじで10億円当たって、そこから株に投資して10億円が一気に100億円になり、独身だった男性が綺麗で優しいパートナーを見つけ、幸せに暮らしたなんてのが、最強の運では無いでしょうか。



 何の努力もなしに思いのままの幸福を手に入れた人って、話題にならないですが、全世界70億人の中で絶対に何人かいる筈です。

 逆に高額宝くじが当たった人が不幸になったとかいう話はよく聞きますが、何の努力も無しにとんとん拍子に幸福が訪ずれ、そのまま幸せな生涯を送った人もいるのでは無いのかと考えています。

 「人生、チョロい」

 そう考えて死んでいった人って絶対にいる筈です。

 だから運が良くなる行為をしないで、幸福が向こうからやってくることは世の中にあるのか無いのかを考えてみたいと思います。

「いつも運がいい人」を真似してみると 

 ハートフォードシャー大学の心理学教授のリチャード・ワイズマンは「運のいい人」と「運の悪い人」を対象に調査を行い、両者の人生に異なる成果をもたらすのはまったくの偶然か、不気味な力か、それとも何か本質的な違いなのかを検証した。その結果、運は単なる偶然でも超常現象でもなく、その人の選択によるところが大きいことが明らかになった。

🌟科学的に証明された"運を引き寄せる法則"


 上記サイトに書かれているのは選択です。人びとは、失敗したことより行動を起こさなかったことを二倍後悔するといいます。

 しかしこの選択さえ、悩まず、考えず結果がその人にとって良い結果だったとしたら?

 まさにこれが運の良い人と言えるのでは?

 ◎あなたは成功者の実像を間違えていませんか?
 ・成功者は優秀?――NO! アメリカの大富豪の大学での成績はよくない
 ・成功者は社交的?―― NO! 第一線の専門家やトップアスリートの9割は「内向的」
 ・成功者は健康?―― NO! シリコンバレーの成功者の多くは精神疾患スレスレ

 面白いですね。


運気を引き寄せる 運って何?パワースポットでパワーをもらう

(ライターFT)

勝運の神「毘沙門天」を祀る末廣神社 

 都心にありながら、呉服店などの老舗が並ぶ歴史と伝統を感じる「粋」な町、人形町。文豪の谷崎潤一郎生誕の地としても有名であり、近年では外国人観光客の姿も多く見られる人気の町だ。また、水天宮を中心に七福神を祀る八つの神社があり、年末年始には、2時間程度で巡れる参拝コースが多くのひとで賑わう。

宮司である服部氏が、「実際に得た利益の額は聞いたことはありませんが、今でも経営者や投資家の方が定期的にお参りされている」と話す、末廣神社。小道にひっそりとたたずむ、うっかりすると見逃してしまいそうな小さな社殿だが、そんな歴史や息遣いも感じながらお参りするのもお勧めだ。

🌟億トレーダーはパワースポットを知っている




 投資家達は神頼みをしている人が多いそうです。げんを担ぐ方が多いそうです。

 相場には流れがあります。その流れというのは時には得た情報や統計だけでは考えられない動きをするものです。そこで損をしない為の神頼み、つまり運を信じているということになります。

 相場には神がいるという一見現実的ではないことに対して、恐れを感じているからでしょう。その恐れは、暴落だったり、値崩れだったりと、調査や予測だけでは説明できない事が度々起こるから、最後は神に祈るしかないと感じているのでしょう。

 それ程不安定な世界で生きているということになります。

 宝くじに高額当選する人は予兆があるといわれています。

 普段買わない人が、白蛇が出てくる夢をみてたまたま購入して高額当選したとかいう話は尽きません。まずは何故、普段宝くじなどを購入しない人が宝くじを購入するのか?

 人々の行動は、無意識化で夢や予兆と呼ばれる出来事に左右されているということになります。その夢や予兆に人生が左右されるというのは、まさに運としか言いようがありません。

 宝くじの当せん金5億円を50年で割ったとすれば、月換算にして500,000,000円÷600月=833,333.333333…円となります。10億円になれば毎月160万円以上ものお金が自由に使えるということになります。

 しかし宝くじの高額当選した人が渡される「その日から読む本」という小冊子を渡されるそうです。高額当選者としての心得が事細かに記されており、浮かれた高額当選者の気持ちを害せずに安全に巨額のお金を運営するノウハウが掲載されているそうです。



 手元に持ちたいですね。



 当せんした宝くじ(ジャンボ宝くじ・ロト6など)を、みずほ銀行の支店で換金した際に行員から手渡される。行員でも簡単に閲覧することはできず、希望者に対しての配布なども行われていない「非売品」である。

 Wikipediaにはこのように記載されています。

 大金を手にした人がとにかく落ち着いて、当選したことを受け入れなさいという内容になります。

 急にお金を得てしまうという運の良さに、人生が良からぬ方向に進んでしまっては何の為の運気なのか分からないですね。

 それでも高額宝くじに当選してみたいものです。









【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー