株価の上がりそうな会社を見つけよう!英国風パブ「HUB」 :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2020年10月15日00時00分00秒]
株価の上がりそうな会社を見つけよう!英国風パブ「HUB」


株価の上がりそうな会社を見つけよう!英国風パブ「HUB」

(ライターFT)

「ライザップ」は4年で株価29倍に!
身近な会社の株価上昇に乗ろう
 

 たとえば、ここ数年、強烈なCMで一気に知名度を上げた「ライザップ」は、ダイエットを目的としたマンツーマンの高級フィットネス。健康志向やダイエット志向が強まる中で、高額にもかかわらず、「結果にコミットする」というコピーがウケて契約者が急増、社会現象にまでなりました。align='right'

 そうした状況でライザップを運営する「RIZAPグループ(銘柄コード2928)」の株価は4年間で29倍にも値上がりしました。

 まずは、格安メガネの「JINS」を展開する「ジェイアイエヌ」。薄型平面レンズのメガネで5000円以下という低価格を実現して急拡大し、PC用メガネは爆発的ヒット。品揃えやデザイン性なども充実させ、全世代ユーザーから支持を集めて成長。株価は2009〜2013年の間に、なんと156倍になりました。
 
🌟株初心者が覚えておきたい「儲かる株」の探し方は?
株価100倍!?に成長するお宝銘柄を見分けるカギは
「営業利益」と「経常利益」にあった!
ゼロから始める株入門【第2回】




 会社の業務形態、宣伝方法見れば業績が上がっているかどうかのヒントはもらえるだろう。株価が上がるということは同じように考える投資家も多いということ。

 どの株初心者サイトににも書かれているのですが、今までの業績推移は参考にしています。今後、業績が伸びるかを見極めるのが投資家の役割です。



 英国風パブ「HUB」ですが、かなり勢いのあるパブチェーンです。

 2017年4月に店舗数100店を突破、現在はコロナの影響で株価も下がっているはずです。今が買い時と言えるでしょう。

 この英国風パブですが、1000円で楽しめるということをコンセプトにしています。国産生ビール(税込360円)、ハブエール(同490円)など、ワンコインで飲めるビールがあり、カクテルのメイン商品であるジントニックも390円。おつまみも300〜400円台で多数そろっています。

 随分前からあるスタイルをリーズナブルにな価格設定にしたという点が画期的でした。

 大阪にも英国風パブはあったのですが、外国人がほとんどで、ビールも1杯700円という価格でした。

 そしてsports barという側面もあり、リーズナブルで一人でも気軽にお酒を楽しめる場所の提供をしてくれています。

 まだ知らない人も多いという意味から考えても、かなりの回ではないかというのが体感できるでしょう。

 阪急梅田駅 茶屋町にもあります。



 こりゃ流行りますな(笑










【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー