ジェネリック医薬品の効果は本当か?ジェネリックを知る :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2020年03月12日00時00分00秒]
ジェネリック医薬品の効果は本当か?ジェネリックを知る


ジェネリック医薬品の効果は本当か?ジェネリックを知る

(ライターFT)

Q1-1 ジェネリック医薬品ってどんなおくすり? 

 A
ジェネリック医薬品は、新薬(先発医薬品)と同じ有効成分を使っており、品質、効き目、安全性が同等なおくすりです。厳しい試験に合格し、厚生労働大臣の承認を受け、国の基準、法律に基づいて製造・販売しています。

さらに、製品によっては、服用しやすいように大きさや味・香りなどを改良したジェネリック医薬品もあります。新薬に比べ開発費が少ないために、新薬より低価格なおくすりです。

解説
おくすりは、下の図に示されるように「医療用医薬品」と「一般用医薬品」の2つに分けられ、医療用医薬品は、医師の診断によって処方されるおくすりのことで、患者さんが自由に購入することはできません。これに対して一般用医薬品は、いわゆる市販薬(大衆薬・OTC ※ とも呼ばれる)のことで、ドラッグストア・薬局などで処方せん無しで購入できるおくすりです。
※ OTC・・・Over The Counter Drugの略。薬局のカウンター越しに買えるおくすりという意味。

🌟ジェネリック医薬品を知りたい方へ




 ジェネリックの効きが悪いという話を良く聴きますが、コレは薬を固める添加剤が先発薬と違うため、血液に吸収され、分解される時間が異なるのではないかと言われています。

 こうした事で、実際に効果の時間が変わったりすることはあるのかも知れないですね。

 先発薬とジェネリックで「同じでなければいけないところ」と「変えてもいいところ」があるらしく、体内で溶けやすくする添加剤の特許が切れていない可能性がある。そうなると先発薬と同じものは使えませんが、別の添加剤を使うことが可能となる為、効果は同じだけど効くまでの時間が異なる事も考えられるという事になります。

そこが知りたい!ジェネリック 「飲んではいけない」は本当か? 

済生会川口総合病院(埼玉県川口市)皮膚科の高山かおる医師は、「ステロイドを含む塗り薬のジェネリックは効果が薄いことがある」と話す。皮膚に塗った時、有効成分を均一に浸透させていくのに技術が必要なためと考えられる。

🌟▼「安かろう悪かろう」の後発医薬品はこう見分ける


 以上の事を踏まえると、毎日服薬する薬についてはジェネリックは避けた方が良いのかも知れない。医師が認めたジェネリック、もしくは調剤薬局の薬剤師さんに訊くのもいいかも知れないですね。



 薬剤師さんのお話、興味深いですね。









【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー