ボサノヴァで秋を楽しむ :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2019年10月04日00時00分00秒]
ボサノヴァで秋を楽しむ


ボサノヴァで秋を楽しむ

(ライターFT)

ボサノヴァ(Bossa Nova、ボッサ・ノーヴァ)は、ブラジル音楽の様式(ジャンル)のひとつである。ボサノバと表記されることも多い 

 Bossa Nova の Nova とはポルトガル語で「新しい」、Bossa とは「隆起、こぶ」を意味する。したがって Bossa Nova とは「新しい傾向」「新しい感覚」などという意味になる[1]。なお Bossa という語は、すでに1930 - 1940年代に黒人サンビスタなどがサンバ音楽に関する俗語として、他とは違った独特な質感をもつ作品を作る人に対して「あいつのサンバにゃボサがある」などと使い、それらの楽曲を Samba de Bossa などと呼んでいた。

🌟出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




 ボサ・ノヴァの歴史は1950年代から始まります。ブラジルのリオ・デ・ジャネイロコパカバーナやイパネマ(Ipanema)といった海岸地区に住む白人「中産階級」の学生やミュージシャンたちによって生み出されたと言われています。

 ボサ・ノヴァが確立されるのは1960年代に入ってから。



 ジョアン・ジルベルトが歌う「イパネマの娘」がボサノ・ヴァの始まりと言われています。

 当時は心地よく洗練されたサウンド、「新しい感覚」のサンバとして成立していましたが、このボサ・ノヴァに注目したのがジャズミュージシャン達です。

 この心地よい音楽は瞬く間に世界に広がりを見せます。

 現在ではカフェなどのBGMでは欠かせない音楽になっていますね。



 日本ではボサ・ノヴァのミュージシャンとしてLisa Onoがジャズ・フェスなどで活躍していますね。

 イパネマの娘を小野リサがカヴァーしているのですが、ギターがいいですね。



 ジョアン・ジルベルトは88歳で2019年7月6日にお亡くなりになりました。

 ボサ・ノヴァ、今日はほんの触りだけですが、ステキな音楽とクラッシックギターの音色がいいですね。









【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー