気候変動は人口爆発が原因?ニューワードオーダーの意図は間違っていないのかも知れない。2 :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2019年07月10日00時00分00秒]
気候変動は人口爆発が原因?ニューワードオーダーの意図は間違っていないのかも知れない。2

ネットで買い物するならcolleee
(ライターFT)

気候変動は人口爆発が原因?ニューワードオーダーの意図は間違っていないのかも知れない。2


1984年 (小説) 
1950年代に発生した核戦争を経て、1984年現在、世界はオセアニア、ユーラシア、イースタシアの3つの超大国によって分割統治されている。さらに、間にある紛争地域をめぐって絶えず戦争が繰り返されている。作品の舞台となるオセアニアでは、思想・言語・結婚などあらゆる市民生活に統制が加えられ、物資は欠乏し、市民は常に「テレスクリーン」と呼ばれる双方向テレビジョン、さらには町なかに仕掛けられたマイクによって屋内・屋外を問わず、ほぼすべての行動が当局によって監視されている。
🌟出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




 ジョージ・オーウェル、スンゲェ〜
 
 世界的な社会実験を行い、人口を減らすにはどうしたら良いかを実験し、中国では男児を優先させることを文化的な問題としてあり、今後の人口減少のキッカケとなる女児が少ないというアンバランスな人口減少が生まれ、さらに人口減少に拍車がかかったのです。

 次はインドかも知れないです。

 さて、人口爆発はこれからどうなっていくのでしょう。

「世界人口が今後30年で減少に転じる」という、常識を覆す「未来予測」の真意 
2050年までに地球上には90億の人間が溢れ、2100年には110億人にまで膨れあがる──。そんな国連の予測に異議を唱える書籍が米国で話題になっている。米国で2月5日に発売された『Empty Planet(無人の惑星)』の著者ふたりは、なぜ数字の山を丹念に読み解くことで、従来とはまったく違った未来予測を提示することになったのか。
🌟「世界人口が今後30年で減少に転じる」という、常識を覆す「未来予測」の真意


「およそ30年で、世界人口は減り始めます」と、彼らは言う。「いったん減少が始まれば、二度と増加に転じることはありません」




 国連の予測が間違っていたとされる研究です。

 多くの人口学者が、以前から国連の人口予測にケチをつけていたというのです。

 国連こそがNWOの本丸ではないのか?

 ナチス・ドイツの優生政策をNWOはやろうとしているのではないか。

 「強制断種政策」と「障害者安楽死政策」をナチスはやろうとしていました。当時、強制断種政策を実施していた国はドイツだけではなく、当時の欧米諸国、例えば、アメリカ、カナダ、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、エストニア、アイスランド、スイス、オーストラリアでは強制断種が行なわれていたそうです。日本でも1940年(昭和15年)に遺伝性精神病などの断種手術などを定めた 「国民優生法」 が制定された過去があります。

 経済予測を行う上で、人口規模の予測値は避けて通れません。



 科学と技術革新が進み、都市計画や経済的な展望、人口予測を行うことで、人間の未来をNWOに託さないで済む未来に近づけて行きたいものです。



 
 

☆。・*・。.★☆。・*・。.★
あなたの生活をちょっとお得にするcolleee(コリー)

いつものお買い物でお得!外食や旅行蘭でお得!
毎日できるアンケート回答やゲーム参加でもポイントが貯まる♪
貯まったポイントは現金や各種ギフトコードなどにいつでも交換が可煤I
colleee簡単無料登録はコチラから
☆。・*・。.★☆。・*・。.★

皆川デザインBlog










【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー