【科学考察】 反重力装置が日の目を見ない理由 まとめ :: デイリーSKIN

先週>>
<<次週
[2019年06月02日00時00分00秒]
【科学考察】 反重力装置が日の目を見ない理由 まとめ

(ライターFT)

【科学考察】 反重力装置が日の目を見ない理由



フィラデルフィア実験

「フィラデルフィア・エクスペリメント」。

私がこの本に出会ったのは、ハワイの海軍基地の図書室のことであった。たまたま書棚で見つけた本の内容は、1943年10月28日にアメリカ海軍の艦船「エルドリッジ号」で行われた、強力電磁場による透明化実験で起きた異常な事件をレポートしたものであったが、その中に電界と重力場の関係に関する「ビーフェルド・ブラウン効果」に関する説明が述べられていたのである。
🌟未来テクノロジー「電気反重力」で地球製UFOが開発されている!? | ムー ...




 反重力で有名な現象は、「ハチソン効果」と呼ばれる現象です。但し、このハチソンフィラデルフィア実験、第三者の前では一度も成功したことがないらしい。

 最近の最新情報では、フィンランドの科学者たちが反重力装置を開発したとか。

 今、世界の軍需企業が極秘に研究する「反・重力」

 上記リンクのビジネスジャーナルによると、世界各国の軍需産業が反重力について極秘で研究しているということだが、世間ではまだ極秘とされている。正確にいうと極秘になっているということではなく、あまり話題に上っていないということか。

 反重力ができているとして、動力源は今の所電気を利用していると思われます。電気反重力です。

 反重力が平和利用されたとして、何が起こり得るかを考えるとき、エネルギーシフトが考えられる。すでに電気自動車のエネルギー効率はかなり良くなっている。電気自動車の燃料コストはかなり安い。

 日産リーフの航続可能距離テスト1回目:227.1kmと、確実に航続可能距離が伸びている。充電を自宅で行なったとして、かかる月学電気代は1月間走行距離は、2000km弱で2,000円前後とか。



 アルミホイルで作られた装置ですが、実際に素人レベルでここまできているのですね。 


(ライターFT)

【科学考察】 反重力装置が日の目を見ない理由2



反重力はすでに製品化されている!
どんな質量のものでも宙に浮かせることが可能で、上下左右も自在。

反重力(はんじゅうりょく)は、物質・物体に加わる重力を無効にしたり、調節したりする、とされる架空の技術である。現実の物理学では一般に不可能と考えられてきたもので、多くはSF作品に宇宙航行の基礎技術として登場する。
🌟反重力 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




 上記の画像は完全におかしな装置ですね。

 反重力は昆虫が反重力を利用して飛行している昆虫がいるという。

 1988年、ロシアの昆虫学者グレベニコフ教授がある実験をしていた時、ある昆虫のキチン質殻には反重力効果があることを発見する。グレベニコフが、顕微鏡下で幾つかの甲虫の鞘翅から密生しているキチン質をとり、別のキチン質に乗せようとした。すると、ピンセットから滑って空中に浮かびそのまま滞空していたというのだ。



 これがその動画になりまりますが、磁石を使ったトリックかもしれないです。でも本当なら凄いですね。

 グレベニコフ教授が注目したのは、昆虫のキチン質。



 イヤイヤ、キチンですね。



 それはkitchen

 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると以下のような記載がある。


キチン(chitin)は直鎖型の含窒素多糖高分子で、ムコ多糖の一種。ポリ-β1-4-N-アセチルグルコサミンのこと。語源は古代ギリシアの衣服であったキトン(chiton)に由来し、「包むもの」を意味する。
節足動物や甲殻類の外骨格すなわち外皮、軟体動物の殻皮の表面といった多くの無脊椎動物の体表を覆うクチクラや、キノコなど菌類の細胞壁などの主成分である。
🌟キチン 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


 完全にわけわかりませんね。

 でも製造も可能らしく、工業的には主に水産物として漁獲されるカニ類などの甲殻類の殻から得られるそうで、最近ではあまり摂られなくなった栄養素だとか。キチン質には、コレステロール値を下げたり、血圧を下げたり、免疫力を高めたり、腸内をきれいにしたり、脂肪と結合して膵臓から分泌されるリパーゼの反応を阻害し、腸管からの脂肪吸収を抑制する特性から、ダイエット効果があると言われているそうです。

 ヴィクトル・S・グレベニコフ教授、すんげーですね。

 この反重力が世の中に出ないのは、もちろんあの人達の仕業です。

 ロスチャイルド家、ロックフェラー家です。

 特にエネルギーを手中に収めているロックフェラー家にとって、昆虫のキチン質から取れるエネルギーなんて石油が売れなくなりますね。

 そうなると一番困るのはロックフェラー家です。



 ヴィクトル・S・グレベニコフ教授、実は一人、若しくは一部の研究者と画像のような乗り物をすでに開発しており、使用していたというのです。右側の画像を見ると、宙に浮いているように見えます。



 こんな感じの乗り物です。


 空を飛んだ昆虫学者
 学研「ムー」2008年3月号掲載

 1988年、グレベニコフ教授は、ある昆虫のキチン質殻には反重力効果があることを発見した。そして、反重力の作用する重力場に存在する物体が、完全又は部分的に視覚できなくなるか、ゆがんで見える現象も発見した。この発見に基づいて、彼は最大で(理論上)時速1500km(マッハ1.5)というスピードで飛行可能な反重力プラットフォーム(先の写真)を製造した。そして、1990年以来、彼は高速移動のために、その装置を利用してきたという。
この反重力効果は、わずか数種の昆虫に限定されるものではなく、幅広い自然現象から見出される。サイコキネシスの結果として、物体の重量を軽減させたり、完全浮遊させたりする可能性を支持するデータが存在し、マハリシ・ジョディーシュ・ヨギによるTM瞑想等で、人間が空中浮遊するケースはいくつも報告されている。
🌟サイエンス・ライター/フリージャーナリスト「水守 啓(ケイ・ミズモリ)」の公式 ...より抜粋


 映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を観た時、30年後の未来はこんな車が街を飛んでいると本気で考えましたが、実はすでに出来ていたと言うのは・・・

 グレベニコフ教授はこの反重力の謎については死ぬまで秘密を守り通した。

 科学者がこうした事を成し遂げるとばかり考えてましたが、昆虫学者が発見してしまうというのも奇妙な話ですが、世の中にあるものの中にヒントが隠されているのですね。

















【SKINからのお知らせ】

フィアットが売れている理由を探れ!

ケツを締める!ヒップアップ まとめ

先週>>
<<次週
メニュー